セレッソ大阪MFソウザ

写真拡大

[11.4 ルヴァン杯決勝 C大阪2-0川崎F 埼玉]

 とにかく走った。1-0とリードはわずかに1点。時計の針は90分を回っていたものの、1点を奪われれば、試合を振り出しに戻されてしまう。だが、その後半アディショナルタイムに再びスコアを動かしたのは、1点をリードしていたセレッソ大阪のMFソウザだった。

 右サイドのMF清武弘嗣にボールが渡ると、中央をMF水沼宏太、そして逆サイドをソウザが猛然と駆け上がる。試合開始早々の前半1分にFW杉本健勇の得点で先制しながらも、その後は守備に回る時間が長く、体力の消耗は激しかったはずだが、迷いなく前線へと走った。

 清武から水沼にボールが渡ると、「宏太から良いボールが来た」とフリーで待ち構えるソウザへとパスが届けられる。しっかりと周囲の動きを確認すると、「GKをかわして、相手DFの逆をつけた」と巧みなボールコントロールから放った左足シュートでゴールネットを揺らし、勝負を決めるチーム2点目を記録した。

 水沼からパスが来ることは「信じていた」。そして、「ボールが来なかったら怒っていたよ(笑)」とおどけると、「FWに見えましたか?」と自身のゴールを満足気に振り返った。

 在籍2年目。昨季はJ1昇格に貢献し、今季はルヴァン杯優勝へと導いた。クラブにとって初タイトルとなり、「気持ちを説明するのは難しいよ。ただ、すごくうれしいし、誇りに思う」と胸を張ると、「どこかに自分の像を作ってもらえるように頼んでみようかな」と破顔した。

(取材・文 折戸岳彦)
●ルヴァン杯2017特設ページ