C大阪のルヴァン杯初優勝を祝福したMF乾貴士

写真拡大

 エイバルの日本代表MF乾貴士が4日に自身のツイッター(@takashi73784537)を更新し、ルヴァン杯初優勝を果たした古巣セレッソ大阪に祝福の言葉を贈った。

 C大阪は4日、埼玉スタジアムで川崎フロンターレと互いに初タイトルを懸けて対戦。開始早々にFW杉本健勇が先制ゴールを決めると、1-0のまま迎えた後半アディショナルタイム2分にMFソウザが決定的な2点目を挙げ、クラブ史上初のタイトル獲得を成し遂げた。

 2008年から2012年まで4シーズンにわたってC大阪でプレーした乾は、中継映像が流れるテレビを撮った動画とともに「セレッソがルヴァンカップで優勝しましたー ほんまにほんまにおめでとう」と古巣の戴冠を祝福。興奮気味に「羨ましい!!いつか俺もセレッソで優勝したいなー」と続けると、「とにかく今日はいっぱい喜んでくださーい セレッソの選手、スタッフ、ファン、サポーターの皆さんほんまにおめでとうございまーす」とチームに関わる人たちを労った。


●海外組ガイド

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

●ルヴァン杯2017特設ページ