3日、観察者網は記事「日本人はゴミのごみ捨てをしない?ハロウィーン後に東京の惨状を見よ」を掲載した。ハロウィーン後の惨状が日本人の「ポイ捨てしない神話」を破壊したと報じている。写真はハロウィーンの飾り。

写真拡大

2017年11月3日、観察者網は記事「日本人はごみのポイ捨てをしない?ハロウィーン後に東京の惨状を見よ」を掲載した。

記事には、「10月31日、ハロウィーン前夜は日本各地がお祭り騒ぎとなった。欧米の祭日であるハロウィーンだが、近年では日本の若者がこぞって参加するビッグイベントとなっている。あるネット調査によると、20〜30歳の日本人女性のうち3人に1人が参加している」などと紹介。

「中国では『日本人はごみのポイ捨てをしない』と広く信じられているが、実際にはどうだろうか?ハロウィーン後の東京を見ればその答えは明らかだ」とし、ハロウィーン後の渋谷の写真を掲載した。

そこに写るのは道路に散乱するごみの数々だった。記事は「ポイ捨てしないというのは神話だった。ある日本人はSNSで『こんなことで中国人や韓国人をバカにできますか?』と嘆いていたが、『マナーの悪いアメリカ人がいるからだ』『在日中国人が多いからだ』とする書き込みも見られた」と紹介している。(翻訳・編集/増田聡太郎)