また元旦に! C大阪MF清武弘嗣、リーグカップに続き天皇杯制覇も視野《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽セレッソ大阪は4日、埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝で川崎フロンターレに2-0で勝利。大会初優勝を飾ったC大阪がクラブ史上初のタイトルを獲得した。

▽試合後、C大阪のMF清武弘嗣がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。優勝に安堵の様子を浮かべつつ、早くも次戦、そしてベスト4に勝ち残る天皇杯制覇を目指した。

◆MF清武弘嗣(セレッソ大阪)

──優勝について

「まだ優勝した実感がみんなにはないみたいだけど、時間が経てば湧いてくると思う」

──展開について

「ちょっと先制が早かったし、試合がどうなるかわからなかった。相手が明らかに僕のサイドを押し込んできていたので、そこで割り切って、守備に専念して、カウンターを狙うことにした。結果的に、勝ててよかった」

──相手をよく研究していたように思えたが

「リーグ戦で1-5で負けていたので、中で自由にやらせないようにしようと。フロンターレの選手のポジショニングは掴みづらくて、今日も崩されてるシーンはあった。でも、相手のシュートミスだったりがあって、そこらへんで少し運があった」

──2点目について

「時間も時間だったし、あれはソウザがうまかった。ディフェンスが1人しかいなかったし、チャンスだった。そうしたら(水沼)宏太が後ろから全力で走ってきたので、人任せにパスを出した。ゴールが入って良かった」

──決勝に臨むにあたっての気持ちについて

「監督も決勝のメンバー選考に悩んだと思う。ここまで戦ってきたメンバーは、リーグ戦に出られていない選手ばかりなので、多分僕らより悩んだんじゃないかなと。そういう気持ちは監督にあったと思う。正直、激しく戦える集団になったのは監督のおかげだけど、本当に感謝しないといけないのはルヴァン組。本当に感謝したい」

──この優勝を今後の戦いにどう繋げていくか

「今年の目標がタイトルを獲ることだったので、それができて良かった。でも、もう終わったことなので、次はリーグ戦が始まる。何人か代表に行くので休みがないけど、僕らはちょっと休んで、リーグ戦に備えてACL出場のために頑張りたい。また元旦(の天皇杯決勝で埼玉スタジアム2002)に戻ってくるチャンスがあるので、ここに戻ってきたい」

──クラブ史上初のタイトル獲得について

「いつも優勝争いや決勝で負けてきたチームなので、『歴史を変えるのは僕らしかない』という気持ちで戦った。みんな壇上に上がったとき、『これが優勝かー』って言っていたし、すごく新鮮だった。もう1回、この場所に戻ってきたい」