「正直、自分の中でもわからない」…川崎FのMF中村憲剛、リーグカップ4度目の準Vに困惑《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽川崎フロンターレは4日、埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝でセレッソ大阪に0-2で敗戦。クラブ史上初の主要タイトル獲得を逃した。

▽試合後、川崎Fで主将を務めるMF中村憲剛がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。前身のナビスコカップを含めて4度目の準優勝という結果に、「どれだけ積んでいけば良いのか」と困惑した様子を浮かべ、足りなかったものについても「正直、自分の中でもわからない」と首をかしげた。

◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ)

──準優勝という結果について

「まず最初のところで失点したのは今シーズンに関してほぼ初めてのこと。それがこの決勝で来るというのもまた難しさ。相手の隙を突こうとした中で、逆に僕らが失点した」

「そこから逆転した試合がこれまでいっぱいあったけど、今日1つ違ったのは向こうが割り切って守備に入れるチームだったということ。もう死に物狂いで1点を守ろうって割り切って入ってきたので、ゲームの構図というか、早々に決まってしまった」

──焦りはあったか

「ないとは言えない。向こうは自分たちがバイタルエリアに入ったときに潰しに来てた。そこを掻い潜るために球際のところで叩かないといけない。そこを突破できれば、ゴール前のところまで入れれたけど、向こうからしたら前から取りに来ないで、来たら取るみたいな。こっちもより神経質にならないといけなくて、狙いやすかったと思う。もっとオープンな展開で、0-0でいってればどうなっていたかはわからない。全ては結果論」

──またタイトルを獲れなかったが

「どの試合(タイトルマッチ)も同じじゃない。今回のようなケースは初めてのこと。『どれだけ積んでいかなきゃいけないのかな』っていう思いは正直あるけど、準優勝という結果は事実。これをどうやって、残り3試合に繋げていくかだと思う。今日は僕を含めてみんなすごく落ち込んでいる。ここでシーズンが終わったわけじゃないので、どれだけ切り替えていけるかが大事になる」

──サポーターもかなり駆けつけていたが

「今日もたくさん来てくれていたし、後押しもしてくれた。今回のことは、それに結果で応えられなかった自分たちの責任。サポーターは良い準備をしてくれた」

──足りなかったものとは

「それがわかっていたら優勝できていた。負けた後に話すことは色々できる。戦前からそういったことを潰していこうと話しているのに、それが出て、挽回できなかった。正直、自分の中でもわからない。サッカーはゴールで動く。ましてやファイナルでならなおさら。1点を獲ってあからさまに引くことができるチームだったということもあると思う。そのときに起こったことでしか対処できない」

──どんな状況であっても崩すのがフロンターレの印象だが

「質も必要だし、監督からもトレーニングの必要性を言われた。まだまだやってくしかない。今日の負けで全てが終わったわけじゃない。自分たちがやってきたことがなくなるわけでもない。ただ、もっともっと個々が隙を見せないことだったり、技術のところを高めたりをやっていかないと。気持ちの部分は両チームとも言われなくともあった。またやっていきたい」