タイトル逃した川崎F主将FW小林悠「ミスが多かった」《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽川崎フロンターレは4日、埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝でセレッソ大阪に0-2で敗戦。クラブ史上初の主要タイトル獲得を逃した。

▽試合後、川崎Fで主将を務めるFW小林悠がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。試合を振り返った。

◆FW小林悠(川崎フロンターレ)

──準優勝という結果について

「最初の失点は仕方ない。誰でもミスはする。早い時間帯ということもあり、自分たちがやれれば十分に逆転のチャンスはあった」

「なので、エドゥアルドのことだけを責めることはできない。点を獲れなかった自分たちがいけない」

──緊張感はあったか

「ミスが多かった。いつものプレーができてない選手が多くいた」

──ミスの積み重なりが積極性を失う要因に繋がったか

「押し込んでこそいるけど、ミスでカウンターというシーンが何度もあった。ボックス付近での精度に尽きる」