決勝MVPのC大阪FW杉本健勇、強者ワード解禁 「勝ったチームが強い」《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽セレッソ大阪は4日、埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝で川崎フロンターレに2-0で勝利。大会初優勝を飾ったC大阪がクラブ史上初のタイトルを獲得した。

▽試合後、決勝MVP受賞のC大阪FW杉本健勇がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。安堵の様子を浮かべつつ、周囲に感謝した。

◆FW杉本健勇(セレッソ大阪)

──ゴールを決めたが

「『今日の試合は、これまでのどんな試合よりも先制点が大事になる』って話していたんで、最初のチャンスを決めることができて良かった。『来たっ!』て思ったし、まさかミスするとも思ってなかった。しっかりミートというか、思いっきり蹴った」

──直近の大宮アルディージャ戦でゴールへのイメージが再確認できたのでは

「かなり(シュートを)外してたからね。チームが(大宮に)勝てたから良かったけど、個人的に悔しかった。みんなから『次のルヴァンカップ決勝で決めたら良いじゃん』って声をかけてもらえていたし、『次は自分が決めたる!』という強い思いでいたので、(試合に勝てて)良かった」

──自身はかなり守備のタスクを強いられていたが

「勝ったチームが強いんですよ…うわーっっっ! やっと言えたー(笑)」

──チームとして勝負強さが出た試合だったが

「試合前からだけど、『相手は技術の高い選手が多いし、ボールを回されても、僕らは焦れずに我慢して絶対に失点していなければチャンスが来るから、それをモノにしよう』って話していたので、ある程度はプランどおりだったかなと。守備の時間は多かったし、相手にもチャンスはあったけど、みんな最後のところで身体を張ることができていた」

──試合終了のホイッスル後、泣いたか

「泣いてないです(笑) 色々なものがこみ上げてきた。僕はルヴァンカップに今日の1試合しか出ていないし、ベンチすら入ってなかった。ここまで連れてきてくれたメンバーに申し訳ないというか、責任果たして頑張らないといけないなと思っていた。本当に感謝している。彼らも相当悔しいと思う。だから、今日の試合で勝って、メンバーに報告したかった」

──壇上から見た景色はどうだったか

「上から見る景色は初めてだったので…素晴らしい景色だった。でも、ここがゴールじゃない。通過点だと思っている。セレッソがここからどんどんタイトルを獲っていけるように、ここからが始まり」

──エンブレムの上に星がつくが

「カッコ良い(笑) カッコ良いと思う。でも、まだ1つだけだから、それがもっともっとつけられるクラブにならないといけない。これから歴史を作っていきたい」

──気持ちよく代表に向かえるか

「そうですね。それはある。負けたら結構きつかったと思う。今日は勝利に浸って良いと思うけど、僕も明日から(日本代表で)勝負しないといけない。明日からまた切り替えてやっていきたい」

──MVP受賞について

「MVPは仲間がいて獲れたもの。それを獲ったことよりも勝てたこととタイトルを獲れたことの方がもっと素晴らしく大きなこと」

──有言実行どおり、賞金100万円をゲットしたが

「僕は明日から(代表に)行っちゃうからさー…帰ってきてからになるけど、みんなで何かしたい」

──今日背負っていた重圧について

「全てのシチュエーションが初めてのことばかりだった。決勝もそうだけど、仲間が連れてきてくれたことも初めてだった。今は吹っ飛んだ」