「クオリティー不足」を嘆くMF大島僚太「戦ってくれたチームメイトに申し訳ない」

写真拡大

 川崎フロンターレのMF大島僚太が、JリーグYBCルヴァンカップ決勝戦の感想を語った。

「先に点を取られて、厳しい戦いになってしまいました。相手が後ろに下がるのはすぐにわかったので、サイドから崩すように全員で意識したんです。でも、最後のクオリティーだけが伴いませんでした」

「向こうは多分、真ん中さえ崩されなければいい、と考えていたと思います。前半のうちはサイドから崩せていたので、そこは狙い通りでした。それでも、ゴールを奪うことができなかった。悔しいという気持ちもありますが、ここまで戦ってきてくれたチームメイトに申し訳ないです」

 自身のケガについても口を開いた。「監督とコンディションについて少し話しました。この試合での復帰を目指していた訳ではないですが、リハビリに励んだ結果として出場に間に合いました」

 試合開始早々失点した川崎は、最後までセレッソ大阪の守備陣を崩すことができず。最終スコア0−2で敗北した。