@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

もくじ

ー BMWのエリート ヒュンダイグループへ
ー キアとヒュンダイ 楽しいクルマのブランドへ
ー M部門の知見、ドイツブランドを揺さぶれるか?
ー ビーアマンの「記憶に残る作品群」

BMWのエリート ヒュンダイグループへ

車両テストおよびハイ・パフォーマンス・モデル開発担当上級副社長。なかなか悪くない肩書きだ。

ヒュンダイとキアを傘下に持つヒュンダイ・モーター・グループにおいて、この肩書きがアルバート・ビーアマンのものになってから既に数年が経過した。

57才にとって、もし新たなオファーを受けたのが既に32年も同じ職場にいた後ならば、ほかにどういう選択肢があっただろう? 特に、その元の職場がBMWで、あのMディビジョンの責任者だったなら。

ビーアマンは自身の足跡と、成し遂げたことを思い返し、そして、なぜ挑戦しないのか? と考えたという。

そして数年が経ち、いまヒュンダイ・グループはキア・スティンガーとヒュンダイi30 Nを発売しようとしている。努力の結晶と呼んでもいいのかもしれない。

今年になってから、わたしは2度ビーアマンを見かけた事がある。1度目は4月、英国特有の道路と、主にはそこでの車両のハンドリングをテストするために彼が訪英した時。先月のフランクフルト国際モーターショーの舞台裏でだ。

その両方でビーアマンは調子が良さそうだった。

彼が市場に送り出そうとしている製品のできを考えればそれも当然だろう。ヒュンダイ初のホットハッチであるi30 Nと、キアがBWM 4シリーズ・グラン・クーペをライバルと見るスティンガーGTの2台は好意的に迎えられていた。上手く行っているようだ。

キアとヒュンダイ 楽しいクルマのブランドへ

「すべて準備完了ですね」とビーアマンはスティンガーGTについて語っている。「つまり、これまでは量産レベルじゃなかったけれど、今まさに韓国から欧州へ向かっているところです」

このグランド・ツアラーたるリア駆動の新しいエグゼクティブ・ハッチバック・クーペは、本誌テスターを含め、これまで運転する機会を得たひとびとから好意的な評価を受けている。

「キアのクルマがこんな風に走るなんてと、みんな驚いていますよ」とビーアマンは言う。「現時点では3.3ℓV6モデルしかラインナップには無いし、2.0ℓガソリン・モデルやディーゼルに力を注いでいる訳でもないけれど、こういったモデルについても非常に楽観的ですよ。もちろん足りないエンジンもあるけれど、スポーティ・モデルはありますから」

「予想よりも少し俊敏で、2年前の想像よりも、少しだけ運転を楽しめるでしょう。でも、もちろん究極に楽しいクルマではない。街中を運転するためにデザインされたモデルですからね」

彼はまた、キアは「次期シードについてもいま一生懸命取り組んでいますから、次のモデルでは走りの楽しさ、ハンドリングの正確さ、敏捷性なんかについて、多くの進歩が期待できますよ」とも。

「そして、もう少し注目を集める事になるはずです。でも、ご存知のとおり、われわれには多くのモデルがあって、そのすべてに同じような情熱を傾ける事は難しいんです」と話す。

「スティンガーに対する指針は他とは違ったものだったんです。それはわれわれがプレミアムカーのレベルに挑戦したから。ですからこのモデルに対しては、より挑戦的なアプローチを行いましたし、他のモデルに比べてより多くを費やしましたね」

ヒュンダイには既にジェネシス・ブランドがあるが、キアにとっては、これが初めて欧州のプレミアム・ブランドたちに挑戦する機会となる。市場の認識は変わったのだろうか?

M部門の知見、ドイツブランドを揺さぶれるか?

「それについては、まだ何とも言えないですね。しかし変わると確信していますよ」とビーアマンは言う。

「スティンガーがキアのすべてのモデルに対する期待値を変える事になると思います。われわれがより高いレベルで競い合えると証明してくれるはずです」

しかし、一方でキアがアウディ、BMWやメルセデス・ベンツと同じように語られるようになるには、まだ長い道のりが待っている事も、ビーアマンは認識している。

ビーアマンがMディビジョンであれほど長く働いてきたことを思えば、動力性能こそ彼が力を入れている部分だとわかるだろう。だからこその英国訪問だったのだ。

「英国でのテストで、よりチューニングに注力する必要があるとわかったんだ。チームは再度英国を訪問して、英国特有の条件にもっと慎重に対応する事になるでしょうね」と彼は話してくれた。

英国特有の荒れた路面は、キアとヒュンダイの今後のモデルのパフォーマンスを更に向上させてくれるはずだ。

「英国の道路はチャレンジングなんです」とビーアマンは言う。「英国の道は独特で、路面は荒れ、多くの起伏もあります。そして生垣の間を縫うように走る狭い道まで。もちろん街中の細い路地なんかもね。あんな道はドイツでは経験できない。でも、これまで欧州市場向けのチューニングはドイツでしか行ってこなかったんです」

つまり英国訪問は「われわれが今後、より敏捷性、ステアリング・レスポンス、そしてハンドリングの正確性に注力するという意思表示なんです」と彼は言う。「そして、もちろん、荒れた道路状況にも、もう少し対応するという意味でもあるんですよ」

ご存知のとおり、すべてのメーカーがこんな事をしている訳ではない。こういった事に少しばかり余計に注意して、物事を基本的に正しい方向へ進めようとする。これはキアにとっても新しい試みだ。

「いまいくつか新しい経験をしているところですよ」とビーアマン。「とても実り多い経験です。なんの前触れもなしに、いきなりわれわれのクルマが欧州のプレミアムカーと競合するようになるでしょうね。ドイツ勢もそれを楽しんでくれるはずですよ」

われわれもそう期待しています。アルバート。心から。

ビーアマンの「記憶に残る作品群」

BMW M3(E30)レースカー

このツーリングカーはE30 M3よりも少し多くの成功と名声を手にしている。BMWにおけるビーアマン初期のプロジェクトであり、彼自身がレースにスポット参戦していたことに由来する。

BMW X5(E70)

オリジナルのX5(E53)は画期的なクルマだった。ビーアマンは第2世代のプロジェクト・リーダーであり、このクルマをより高級なモデルとするべく指揮をとった。

BMW 1シリーズ Mクーペ

2008年、BMWのMディビジョンのトップにビーアマンが就任したタイミングで、Mモデルのターボ化が始まった。1シリーズMクーペは、2011年に作られたカルト的な傑作だが、これまでのところ、こういった車種の中でも最高のクルマだと言われている。

ヒュンダイ i30 N

ビーアマンが開発を主導した初のターボ付き前輪駆動モデルである。ビーアマンの着任前からNディビジョンは始動していたが、彼はこの素晴らしい新たなホットハッチにも携わっている。