指原莉乃、プロデューサーとしての能力は本物か

写真拡大

 HKT48とSTU48の指原莉乃(24)がInstagramとTwitterを更新し、ハロウィーンコスプレを公開した。ファンからは賞賛の声が相次いだが、『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、常に話題を提供する指原のプロデュース力に注目。ハッピーマイスター・クリティーン デリコと風水芸人・出雲阿国が指原のプロデューサーとしての能力について鑑定した。

■指原は来年さらに飛躍する

 ハロウィーンコスプレを投稿後、3時間で2万5千件もの「いいね!」を得た指原は、やはりただ者ではなさそうだ。彼女の公式HPを見ると、週に6本のレギュラーとHKT48、STU48としてのアイドル活動に加え、両劇場支配人も務める。また以前より、アイドルイベントの総合プロデュースをするなど、その資質を高く評価されており、2016年には、秋元康(59)、小室哲哉(58)、つんく♂(48)といったビックネームと肩を並べ、代々木アニメーション学院のプロデューサーに大抜擢された。

 指原のプロデュース力は本物なのか? 出雲阿国によると「指原さんは土の気を持つ人で、そもそも面倒見がよい」とのこと。さらにクリスティーン デリコのデリコ推命術では、指原は人を育てる星「ボランティア星ハード」という結果で、どうやら指原のプロデューサーとしての能力は天性のもののようだ。

 大活躍の指原だが、デリコ推命術によれば、2017年は「リフレッシュの年」なのだという。「指原さん、全然休んでいませんよね」と出雲阿国が驚くと、「ボランティア星ハードは、忙しいほうが充実していると感じます。指原さんも仕事が充実しており、気持ちはリフレッシュされていると思いますよ」とクリスティーン デリコが答えた。2018年は12年に1度の大幸運期を迎える指原の快進撃はまだまだ続きそうだ。
(坂井玲子)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock