追加点で試合を決定づけたソウザ「もしパスが来なかったら怒っていたね(笑)」

写真拡大

 JリーグYBCルヴァンカップ決勝で追加点を決めたC大阪のMFソウザが試合を振り返った。

「チームのために貢献できて嬉しいよ。なんとも言えない気分だ」

「最初から難しい試合になるのはわかっていたんだ。ポゼッションで圧倒されるのはしょうがないと思っていたよ。でも、狙い通りにカウンターでゴールを奪えたね。自分の足でゴールを奪えたことは最高だよ」

 追加点を決めたシーンを聞かれると、以下のように応えた。「(2点目を振り返って)なぜあの時間にあのパワーが出たかわからないんだ。でも、あそこまで行けてMF水沼宏太からいいボールが出てきたから、決めるしかなかったんだ。彼からボールが来るって信じていたよ。もし来なかったら怒っていたね(笑)」

 MVPを獲得した杉本健勇についてもコメントを残している。「彼は今日の試合でとても活躍してくれたよね。ゴールも決めてくれたし、気持ちよく代表チームに行ってくれるはずさ」

 試合の準備に関して話も及んだ。「僕とMF山口蛍は、監督から細かく指示を受けていたんだ。向こうのセンターラインを防がなくては行けなかったからね。もっと厳しい試合になるかと考えていたけれど、最初のゴールが早く決まって、自分たちは守備に集中することができたんだ。形は違うけれど、プラン通りに試合を進められたと思う」

 試合開始早々、杉本健勇の先制点でリードを奪ったC大阪は、川崎の強力な攻撃陣を封じ込た。試合終了間際のソウザのゴールもあり、C大阪が2−0で初タイトルを獲得した。