C大阪に初タイトルをもたらせた尹晶煥監督「本当に素晴らしいことをやってのけた」《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽4日、2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝のセレッソ大阪vs川崎フロンターレが埼玉スタジアム2002で行われ、C大阪が2-0で勝利。大会初優勝を飾ったC大阪は、クラブ史上初のタイトル獲得となった。

▽試合後、C大阪の尹晶煥監督が記者会見に出席。試合を振り返るとともに、自身も現役時代にプレーしたC大阪が初タイトルを獲得したことについてコメントした。

◆尹晶煥監督 (セレッソ大阪)

──試合を振り返って

「今日、この場にたどり着くまでは簡単な道ではなかったです。ただ、私の全選手がここまで1度も負けることなく、優勝できるとは思いもしませんでしたが、本当に素晴らしいことをやってのけたなと思います。選手たちにありがとう、そしてご苦労さんというメッセージを送りたいです」

「今日の決勝には、今までルヴァンカップにあまり絡んでいなかった選手が中心となってプレーしました。この前まで、ルヴァンカップで走ってきた選手の分まで頑張って出し切ってくれましたし、責任感を持って、最後まで走り切ってくれました」

「我々が優勝したのは選手だけでなく、大勢のサポーターの皆さんと、フロント、コーチングスタッフ、すべての方々が最善を尽くしたので、こういった結果が得られたと思います」

「私も監督になって初めての優勝なので、どうやって表現していいかわかりませんが、本当に最高の気分です。少し、首も痛いです(笑)緊張し過ぎて、寝違えたと思います」

「選手たちが最後の最後まで最善を尽くしてやってくれましたし、私は幸せなチームに来たと思います。これが決して終わりではありません。まだ天皇杯もありますし、リーグも3位以内に位置しています。最後の最後まで集中して、大きなケガなく今シーズンを終えられればと思います」

──セレッソ大阪にとって歴史的な日になったが、どういった意味があるか。また、今日の優勝は来年のリーグにどういった影響があるか

「川崎といえば、17年前のことを思い出します。優勝を目の前にして、優勝を逃した記憶が蘇ります。17年たって、やり返すことができたと思います」

「歴史というものは、こういう風に勝って歴史を書き換えられると思います。今日の勝利で、セレッソの新しい歴史が加わると思います。私自身の歴史も、新しいものが始まりました」

「今の私の選手たちは、やろうとすること、チームでやることを全うすることが180度変わって来たと思います。これからは波がなく、今までやって来たことを続けて出すことが大事になると思います。そうすることができれば、より一層怖いチームになれると思います」

──ゲームプランと勝利につながった要因は

「こんなに大勢の観客の前でプレーすることは簡単なことではありません。意欲的に、そして緊張し過ぎてもダメですし、しなさ過ぎるのもダメです。平常心を持つことは簡単ではないですが、そういった部分が相手より良く表現できたと思います」

「試合に関しては、相手の隙を上手く突けたと思いますし、それを上手く得点につなげることができました。試合のポイントだったと思います」

「実はもっとボールを保持しながら試合を運べればと思っていましたが、思ったより早い時間帯に得点できて、それによって上手くいかない部分もありました。最後の最後まで堅守で相手を止めることは力だと思いますし、チームワークだったと思います」

──早い時間帯に先制したことで引いてカウンターを狙う形になったと思う。望んでいたプランではないが、勝負という意味では良かったのではないか

「前線にいる選手は凄く能力のある選手なので、前線でボールを保持しながら回せるとは思っていました。ただ、気持ちが早まったせいか、単発の攻撃が多く、自然と守備に切り替えるしかなかったです」

「改善しようとして、後半も前から行こうとしましたが、思っている、気持ち通りにできないのがサッカーです。選手たちの間で話して、自然とそういった形になり、その形も持って試合に臨みました」

「最後の最後で点を決めて勝ちましたが、もう少し早く得点できれば、円滑に勝てたのかなと思います」

──守備をやる意識を植え付けたと思うが、それが今日の勝利につながっているように感じるが

「今年最初に選手と話したことが今も続いています。選手たちが高い意識を持ってやってくれているので、出し続けてプレーできていると思います」

「ただ、守備することばっかりでは、失点しないとは言い切れません。相手の良いところ、長所を選手たちが知っていて、出せなくすることが良く当たっていた試合だと思います」

「今年はそれがずっと上手く機能していて、良い結果がついて来ていると思いますが、サッカーは失点0で1得点でも勝てます。まずは失点しないことが大事ですが、やっぱりどうやって守備をするかが大事です。それを今選手たちは凄く良くやっていると思います」

──前半はサイド攻撃で守備が崩される部分があったが、後半はしっかりと対応できたように思えるが

「前半にピンチだと思ったシーンもありましたが、選手たちはプレーも良かったですし、距離感が凄く良かったです。後半に入ってもっと守備が堅くなったということは、選手たちが勝つために、その部分で高い集中力で臨んでいたと思います。前後半の差は、そういったところだと思います」

──「俺たちのルヴァンカップ」といっていたが、チームの団結力はどのように作っていったのか

「リーグ戦のメンバーとルヴァンカップのメンバーを完全に分けてやっていました。リーグ戦で良くなった時、ルヴァンカップで出場していた選手たちの走る姿、姿勢が、リーグ戦で出ている選手たちの動きに影響を与えたと思います」

「大変なハードなスケジュールの中でルヴァンカップが始まったので、2グループに分けてやらなければいけない状況でした。でも、ルヴァンカップに出場している選手の姿が、監督の立場から言うと、もう1度チャンスを与えたいと思うようなものでした」

「今日の試合のメンバーも凄く悩みました。タイトルを獲るためには何かを犠牲にしなければいけないと思ったので、こういったメンバー構成になりました。優勝できたからこういった話もできますが、今日の決勝に出場できなかった選手はピッチに立つことはできなかったですが、全選手がお互いに抱き合って祝福している姿を見たら、良いチームになっているという気がしました。一気にチームが良くなるということは難しいので、私が選手に言えることは全て言いました」

「全選手を信じて起用し、選手たちがそれに応えてくれたので、信頼感が高くなったと思います。その結果、こういったチームになったと思います。私のチームはいつも凄く雰囲気がいいです。練習はハードで厳しいですが、選手たちは顔に出さずに元気に楽しんでやっているので、1つのチームの力として大きくなっていると思います」

──先制ゴールを決め、MVPを受賞した杉本健勇について

「去年と比べてみたら、凄く大きな存在感を発揮していると思います。シーズン中盤ぐらいに、少し歪みが出た部分がありましたが、盛り返して、自分がやるべき仕事、どうしたらいいかに気付いて、より怖い選手になれると思います。皆さんも期待していても良いと思います。明日から日本代表に合流するので、応援してもらいたいです」