ある夜、 仕事を終えネットサーフィンをしていると、ハート型をしたチョコが入ったボタニカル柄の容器が目に入った。始めはボーっとしながら見てたんだけど、やがて「んっ」と目が釘付けに。

だって、「This is Not Pot(これは大麻ではありません)」とラベルに書かれているじゃない。ボタニカルだと思っていたデザインも、よく見たらなんだか大麻っぽくない!?

「食べてストレス軽減」で
2倍オイシイ!?

気になって調べてみると、この謎に包まれたチョコは、食べるとリラックスした気分を働きかけ、ストレス緩和を促すと謳っていることがわかった。

カカオやメディカルハーブとして知られるアシュワガンダ、メープルシュガーに産業用大麻の成分でもあるカンナビジオールが、主な成分として含まれているということ。

Not Pot」の公式ホームページによると、「産業用大麻であるため医師の処方箋などは必要なく、アメリカ国内であれば合法的に誰もが使用可能」としている。

で、本当のところどうなの!?

公式ホームページで実際に販売されているものだが、兎にも角にも「本当に効くの!?」というのが最大の疑問。

レビューを見る限りでは、「最高!気分がとても良くなった。今は不安な気持ちをコントロールできる」「夜寝る前にリラックスできるようになりました」というような、ポジティブな感想が目立っていた。

ただ、「本当に効いているかわからない」という声もある。これについてはQ&Aのページで、「長いあいだ不安にかられている人は効果を実感することが遅く、継続して使用するとが大事です」という返答が書かれていた。

ふと、もし「Not Pot」が普及した社会があったら…なんてことを想像してみた。

ポケットに忍ばせ、ここぞという時に口の中へポイして食べる人がたくさん出てくるんだろうか…。イライラしている人を相手にする時には、逆にオススメしたりして。

いつか、機会があれば試してみたいな。

Licensed material used with permission by Not Pot