コラボアイテム

写真拡大

 高橋れいみが手掛けるジュエリーブランド「ララガン(R.ALAGAN)」が、2018年春夏コレクションでアーティストMorie Nishimuraとのコラボレーションジュエリーを製作した。
 コラボジュエリーは、特殊な技法を用いて発色させたステンレスのトップと限りなく鏡面に磨き上げた腕のコンビリング「"THE SILENCE" RING」と、トライバルな要素を加えたネックレス「"THE SILENCE" NECKLACE」の2型。いずれも価格は5万円で、リングのトップはシルバー×ゴールド、グリーン×ゴールド、マゼンタ×ゴールドの3色で展開する。来年1月上旬〜中旬ごろ、東京と大阪の「ビオトープ(BIOTOP)」や「メゾン イエナ(Maison IENA)」自由が丘店、「エストネーション(ESTNATION)」の限られた店舗で販売される。
 ララガンは「センシュアルでありながら時代を超えた普遍的な美しさを兼ね備えたジュエリー」をテーマに2017年春夏シーズンにデビュー。高品質のシルバーと天然石を用いて、全て日本の職人によって手作業で作られている。デザイナーの高橋は、群馬県で台湾人の母親と日本人の父親の間に生まれ、自然と共に育った。幼少期の多くを過ごした台湾で培った民族的感覚、そして思春期に移住したロサンゼルスで影響を受けたモダニズムやビンテージといったマルチカルチャーを背景にデザインしている。