ドラマ「Re:Mind」で初主演を務めるけやき坂46のリレートーク企画第10回には、イマドキ女子キャラの高本彩花が登場!/撮影=カノウリョウマ/取材・文=及川静

写真拡大

孤高のアイドルグループとして世の中を席巻している欅坂46(通称:漢字欅)に続き、その後発グループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)の勢いも止まらない! 冠番組「欅って、書けない?」(テレビ東京)、「KEYABINGO!」(日本テレビ)でバラエティー力を発揮しているほか、単独での全国ツアーを開催するなど活躍の場を広げている。そんな、ひらながけやきの11人が主演するドラマ「Re:Mind」(テレビ東京ほか)が放送中。洋館に閉じ込められた女子高生たちの身にさまざまなハプニングが降りかかる密室サスペンスだ。

【写真を見る】ひらがなけやきのイマドキ女子・高本彩花のグラビアSHOT5連発!/撮影=カノウリョウマ

webサイト「ザテレビジョン」ではドラマの撮影現場に潜入し、初主演に対する思いや各メンバーの演技について直撃取材を敢行! 第10回目に登場するのは、欅坂46・長濱ねるから、流行に敏感で都会のJKらしいキャラクターと称された高本彩花。演技に自信はないが「相手の目を見てお芝居すれば自然と言葉が出てくると教わって、今回それが実感できて。無理に感情を作らなくても、相手を見ていると気持ちが自然と動くんです。今作でお芝居に自信が持てるようになったらいいな」と語る。

■ サスペンスに興味があったので出演できて感激!

――題材が密室でのミステリーサスペンスと聞いたときの感想は?

高本:ミステリーやサスペンスドラマの裏側に興味があったので、面白そうだなと思いました。例えば、犯人とか、誰かの裏切りを知りながら、作品を作っていくのって、どんな感じなんだろう?と思っていたので、今回こうして参加できて嬉しいです!

――ちなみに好きなミステリー作品は?

高本:ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」('16年、TBS系)! タワーマンションに住むママ友たちのドロドロした感じが面白くて好きでした(笑)。このドラマを見て、初めてタワーマンションに住みたいと憧れ、いつか住むのが夢になりました!

――ドロドロなのに憧れてしまうのは不思議ですが、高本さんらしいですね(笑)。「Re:Mind」も舞台となる密室セットが凝っているそうですが、注目点は?

高本:ホラー映画に出てくるようなローソクがいっぱいある壁があるんですけど、映画「エクソシスト」('73年)で悪魔祓いをしてるときに出てきそうな壁で、好きです(笑)。そして、その上にお面もたくさんあるんですけど、それがすごい怖いんです。全体的に怖いセットなんですけど、ずっといると慣れてしまうので、最近はそのお面を見て、気持ちを作ってます。お面マジで怖い!

■ 自分らしい“イマドキ”キャラに注目してください!

――今作は衣装の制服にそれぞれのキャラクターが反映されているそうですが、高本さんの衣装はどんな感じですか?

高本:制服の着こなしは一般的で、袖まくりして、第一ボタンを開けて、リボンも緩めに留めているところは、イマドキの女の子なんじゃないかな?と思います。私の好きな感じです。私はよくメンバーに“イマドキ”って言われるんですけど、自分でもそう思うし、こういう“イマドキ”っぽさが確かに合う気がします。役のキャラクターもイマドキで、周囲の反応に従うところがある。でも、たまに変な行動をするので、そこを見逃さないでほしいです。

――メンバーの中で、演技がすごいなと思うのは?

高本:第1話ではみーぱん(佐々木美玲)がすごいなと思いましたが、その後は回によって変わってきていると思います。ただ、第1話の撮影でみーぱんが1人でしゃべっているのを見たとき、役に入り込んでいて、自分は置いて行かれてる感じがして。これはヤバいな!と思いました(笑)。

――では、一番ミステリアスだと感じるメンバーは?

高本:まなふぃ(高瀬愛奈)です。謎めいてる人だから(笑)。休みの日に何してるのかも、メンバーの中で一番謎。逆にまなふぃはすごい人間観察をしている人だから、私たちのことはよく分かってると思います

――高瀬さんも同じこと言ってましたよ(笑)。では最後に、次に登場するメンバーの東村芽依さんに一言メッセージをお願いします!

高本:東村(芽依)は普段から一緒にいることが多くて、今回も席が隣。だから、このドラマで普段は見られない“めいめい”を見られたらいいなと思っています!

【Profile】たかもと・あやか●1998年11月2日生まれ。神奈川県出身。B型。さそり座。

取材・文=及川静