奇跡の進化!?「SM」と「トレーニング」が融合した驚きのパーソナルジムが登場

写真拡大

 ジムでのトレーニングは、当然ながらキツいものだ。

 あと1分、あと1回…などと思いながらも、頭に思い描く理想と実際の行動はともなわず、“監督者”がいないことに甘えてトレーニングの手を止めてしまったことがある人は少なくないだろう。

 だからこそ昨今では、トレーナーが付きっきりになってくれる1対1のパーソナルトレーニングが人気を集めているが、そのトレーナーがSMの女王様のように厳しい…いやいや、本物の女王様がトレーナーとして付いてくれる。

 そんなウソみたいなパーソナルジムがあるという情報を聞き、確かめに行ってみた。

◆土下座から始まるトレーニング

 そのジムは、毎夜恵比寿に現れる。その名も、「秘密ジム」。ジムを訪れると、待っているのはこんな光景だ。

 上から見下ろす女王様…。つまり、訪れるお客さん(=奴隷)は、トレーニングの最初から土下座状態なのである。

 「これじゃジムじゃなくて、SMクラブじゃないか!」という声も聞こえてきそうだが、後ろにトレーニング器具が見えるように、ここはれっきとしたパーソナルジム。

 トレーナー資格をもつ現役の女王様がトレーニングメニューを決め、普段の食生活、そして“禁欲”までをも2カ月間サポートしてくれるという。昨今はSNSの影響で“パンプアップ”や“ボディメイク”を目的にトレーニングをするのがトレンドとなっているが、ここ「秘密ジム」はあくまでダイエット目的で訪れる人が多いそうだ。

 そんなトレーニングの一部に密着させてもらった。

◆工夫を凝らしたSMトレーニング

 同ジムに所属するトレーナー(女王様)は、現在3名とのこと。今回は2組の“女王様と奴隷”のトレーニングに密着させてもらった。

 トレーニングに訪れた男性のお客さん(奴隷)はまず、この「秘密ジム」専用のトレーニングウェアに着替える。挨拶が済むと、さっそく首輪を着用だ。

 そして始まる、首輪を着けたまま行われる定番のバイクトレーニング。

 疲れ始めた頃に女王様から「もう1分がんばりなさい」「やっぱりまだやめちゃダメ」などと言われることで、定番のトレーニングに性的興奮までもがもたらされるのだ。この“融合が”、効果をより高めていくのだという。

 “SM”と“トレーニング”が融合している工夫を凝らしたメニューは、まだまだ盛りだくさん。乳首をクリップで挟みながらの上腕二頭筋トレーニング、器具と手を手錠でつないだ状態での胸筋トレーニング、そして、ムチで叩かれながらのスクワット!

 そこにあるのは、まさしく非日常そのもの。毎晩深夜に開かれるこの「秘密ジム」には、“痩せたい”や“興奮を味わいたい”という思いをどちらも叶えながら日常から束の間はなれるお客さん(奴隷)が集まっている。
◆女性のお客さんも!

 いったい、なぜこんなジムをつくろうと思ったのか? 設立した男性オーナーに話を聞くと、次のような答えが返ってきた。

「すごくシンプルな話で、自分の願望なんです。僕はドが付くMであり、トレーニングも大好き。トレーニングをしていてキツくなると、いつも“ここで女王様に刺激してもらえたら、もっと頑張れるのになぁ”って思うんです。

 実際に論文なども読んで調べているうちに、トレーニングと性的興奮の相性が良いこともわかったので、だったらそういうジムをつくっちゃえと考えました。世のM男性には、ぜひ楽しく痩せたり鍛えたりしていただきたいですね」

 ちなみにこちらの「秘密ジム」には、女王様に付いてもらいながら痩せたい・鍛えたいと考える“M女”のお客さんもいるそうだ。

 今回密着取材はできなかったが、個々の要望に合わせてソフトにすることも可能だという女性用トレーニングのイメージを再現してもらった。(※男性客にも要望を聞くカウンセリングあり)

 テーマ性のあるパーソナルジムが登場し人気を集めている昨今だが、そんななかで遂に現れた“SM”と“ジム”が融合した秘密の場所。カラダへの意識が高いすべてのMな人から注目を集めそうだ。

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/長谷英史>