「(小泉)進次郎先生は、コロンビア大学大学院の入れ違いで、同学年です。まだ純一郎先生の秘書をされていた20代のころ、お食事をご一緒したことはありますよ。同世代であり、お互い境遇も似ている。『日本の将来のために頑張りたいよね』というお話をしたのを覚えています。いまは国会議員の大先輩ですから、お会いしたらもちろん、敬語を使うのは私ですよ」
 
日に焼けた精悍なマスクに、笑顔を交えながらこう話すのは、中曽根康隆さん(35)。10月22日に投開票された衆議院議員選挙・比例北関東ブロックで自民党から出馬し、初当選した“新人”だ。そして中曽根康弘元総理大臣(99)を祖父に持ち、父・弘文さん(71)は外務大臣、文部大臣などを務めた現職参議院議員と“華麗なる一族”の“跡取り息子”である。
 
幼少のころから「政治」が身近にある生活を送り、大学は慶應義塾大学法学部に入学。法律の勉強と同時に、体育会ゴルフ部での厳しい練習で鍛えられた4年間だった。コロンビア大学大学院進学でアメリカに渡り、国際関係学を学んだ後、JPモルガン証券に就職。その日々のなかで「政治の道に進みたい」と強く思うようになったという。
 
同年代の超人気政治家・小泉進次郎衆議院議員(36)とは、何かにつけて比較されるに違いない。
 
「『ライバルか』って? いえ、とんでもない。進次郎先生は若い人への発信力も非常に強い。とても刺激を受けましたし、ご指導いただきたいですね。それにしても……その質問は何万回とされますね。当選後のテレビ中継では、池上彰さんにもされました(笑)」(康隆さん・以下同)
 
進次郎議員の「嫁とり」も話題になるが、康隆さんも同じく独身なんだそう。
 
「現在、結婚の予定もないんです。両親の支え合う姿も見ていますし、幸せの形ということで、結婚を意識してはいるんですが……」
 
康隆さんに、結婚したい女性のタイプを聞いてみた。
 
「第一に、明るく、笑顔の多い女性ですね。次に、周りの人のことを考えられる人。それから、やはり『おいしい料理を作ってくれる人』がいいですね。家に帰ればご飯があるという生活を、久しくしていませんから」
 
と寂しそう……。ふだんはどんな食生活を?
 
 
「好きなのはカレーで、福神漬けもたっぷりがいい(笑)。週5日でも飽きません。実際、ここ1週間でも3回は食べていますからね(笑)。よく行くのは東京の『エチオピア』さんですが『CoCo壱番屋』さんなども好きです。カレー以外では『大戸屋』さんなどの定食屋さんにも行きますよ」
 
なんとも庶民的な慶應ボーイだけど、結婚適齢期の政治家が“おひとりさま”で食べているのを想像すると、これは「嫁とり」も急務だろう。国会デビューで多忙ないま、「オフは一切ない」というが、「休日が取れるなら、ジムに行き、ゆっくりお風呂に入り、仲間と楽しく飲みたい」とも。
 
趣味は映画鑑賞だがいまはその暇もない。お気に入りの映画はジュリア・ロバーツ主演の恋愛映画『ノッティングヒルの恋人』(’99年英国)だという。最後に「目標は総理大臣?」と投げかけると、襟を正してこう話した。
 
「『総理が目標』とは、一度も言ったことがありません。スタートラインに立ったばかりの新人ですから、言える段階でもないし、いまは実績を積み上げることに専念したい。読者の皆さんには『国会議員って誰がやっても同じ』と思われる方もいるかもしれませんが、『中曽根康隆じゃなきゃダメなんだ』と言われるくらい、身近な存在になれるよう、努力したいと思います」