セレッソ大阪のFW杉本健勇【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 2017 JリーグYBCルヴァンカップの決勝が4日に行われ、川崎フロンターレを2-0で下したセレッソ大阪が優勝。悲願のクラブ初タイトルを獲得した。

 大会MVPには、決勝の開始1分にゴールを挙げてセレッソ大阪を優勝に導いたFW杉本健勇が選ばれた。

 C大阪は普段リーグ戦で出場機会の少ないメンバーを中心にルヴァン杯を戦っていたため、杉本は決勝が今大会初出場。優勝とMVPの喜びについて問われると「最高〜!」と雄たけびをあげた。

 そして「いままで戦ってくれた仲間も、ベンチに座れなかった仲間もいるので、責任を果たそうと思いました」と、決勝でスタメンを任されたことへの思いを語る。自身の決勝ゴールも「最初にチャンスを決めようとチームで話していたので、みんなの思いが伝わったゴールだと思う」と充実の表情で振り返った。

「タイトルを獲りましたけど、セレッソにとってここが通過点だと思います。最高〜!」

 そうやってインタビューを締めた杉本は、この後日本代表の欧州遠征に参加する。世界の舞台でも自慢の得点力を発揮したいところだ。

(取材・文:舩木渉)

text by 編集部