ギャル曽根の夫婦生活に、江原啓之がアドバイス 「胸に刺さる」の声

写真拡大 (全2枚)

大食いタレントのギャル曽根さんが、2017年10月31日に放送された日本テレビ系番組『火曜サプライズ』に出演。スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんに悩みを打ち明けました。

江原さんがギャル曽根さんに送ったアドバイスが、「胸に刺さる」と話題です。

問題は仕事より、夫婦のこと

ギャル曽根さんの悩みは、このようなものでした。

芸能界で仕事をするようになって約10年。これからもこの世界で活躍するには、どうすればいいでしょうか。

レギュラー番組を持っておらず、「毎年、不安はある」と語るギャル曽根さん。江原さんはこの悩みに対し「何でもきちんとこなしているので、問題ない」とコメントしました。

しかし、「仕事よりもこちらのほうが重要」と、ギャル曽根さんが口にしていない問題を江原さんは指摘します。それは、『夫婦の問題』。

江原さんはギャル曽根さんの問題点を、このように語っています。

いわないのよ、自分のことを。

我慢していることいっぱいあるじゃない、細かいこと。

「私だって仕事あるのに」っていえなくて、1人でもんもんとしていて、子どもを抱っこしながら泣きたくなったり…。

ちょっと夫婦の間に『すきま風』だね。コミュニケーションに関して。

火曜サプライズ ーより引用

ギャル曽根さんは「不満があっても、時間が経てば飲み込める」と我慢してしまう性格だといいます。

江原さんは「男はね、いわないと分かりませんよ」と断言。

そして相手に不満を伝える時のポイントとして「伝えかただけが何より重要」と語り、ギャル曽根さんにいいかたのアドバイスを送りました。

夫に、甘えながらいう。

火曜サプライズ ーより引用

ギャル曽根さんはこの方法に、「無理だー」と、笑顔で困っていました。

さらに、江原さんのアドバイスは続きます。

心の奥底でね。

「別れるかもしれない」という準備はやめること!

火曜サプライズ ーより引用

夫に対し、結婚する前から「浮気したら別れます」と伝えているというギャル曽根さん。いつでも「離婚すること」に対する心の準備はしているといいます。

もしものことばかりを考えてしまうギャル曽根さんに、江原さんは「それより先に、夫婦関係がよくなるための努力をすることが大切」ということを伝えました。

江原さんの言葉に、視聴者からコメントが上がっています。

・夫に対して「甘えながらいう」かぁ。これは難しい。

・江原さんの言葉が身にしみる。子どもを産んでから「ママはいつも強くなければ」と考えていました。

・自分のことをいわれているみたいです。江原さんの言葉が胸に刺さりました。

夫婦生活を円滑にするために、「自分が我慢すればいい」と不満を抱え込んでしまうこともあるかもしれません。

しかし、その不満と向き合わずにいると、心が消耗したり、イライラが爆発したりして、取り返しのつかないことになってしまうことも考えられます。

江原さんのアドバイスは、ギャル曽根さんだけでなく、夫婦関係に悩む人の心も軽くしたのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]