「8番」の下に「20番」を着た主将・柿谷「ここまで一緒に戦ってくれた」

写真拡大

 JリーグYBCルヴァンカップを優勝したC大阪のキャプテン、FW柿谷曜一朗が試合を振り返っている。

「本当に嬉しいですね。ここから、また新しい戦いがスタートします。でも今日はみんなと喜びたい。(84分にMF山村和也と交代し)最後までピッチに立てなかったのは悔しいですけど、優勝できてよかったです」

 柿谷は「8番」のユニフォームの下に、チーム最古参のDF酒本憲幸のユニフォーム「20番」をつけていた。

「あのユニフォームは、一緒に戦ってきてくれた酒本に敬意を込めました。彼はここまでチームを引っ張ってきてくれたんです。彼の元に勝利を届けられてよかった」

「最後にキャプテンとしてチームメイトと(ファンとともに)喜びを分かち合いたい」

 試合開始早々、杉本健勇の先制点でリードを奪ったC大阪は、川崎の強力な攻撃陣を封じ込た。試合終了間際のソウザのゴールもあり、C大阪が2−0で初タイトルを獲得した。