アマゾンで不正アクセスされた「注意喚起の漫画」に注目が集まっています。

「アマゾンで不正アクセスされた話」

娘さんの育児漫画やイラストをTwitterなどで公開しているんぎぃちゃんのマッマこと、んぎまむさん(@ngychan)。

今回は育児漫画ではなく、んぎまむさんが実際に体験したことを漫画にしてみたんだとか。

ある日、ネット通販のアマゾンから「注文」が確定したメールが届いたそうです。しかし、欲しかった商品をカートに入れてはいたものの「注文」はしていなかったんぎまむさん。

Twitter/@ngychan

気づかないうちに子供にスマホのボタンを押されてしまったのかと考えましたが、注文した時間を確認すると、子供が注文できる時間帯ではなかったそうです。

さらにカートに入れた覚えのない1200円分の「Amazonギフトカード」の注文もされていたそう。ここでようやく「不正アクセス」を疑い始めたんぎまむさんでしたが…。

Twitter/@ngychan

支払方法がなぜか「コンビニ・ATM・ネットバンク・電子マネー」になっており、メールには「支払い期日を過ぎると自動キャンセル」になると記載されていたそうです。

そのため「支払わなければ平気か」と油断していると、旦那さんから「いや今すぐカスタマーセンターに電話しなさい」と言われ、急いでアマゾンに問い合わせすることに。

Twitter/@ngychan

アマゾンの担当者に「覚えのない注文がされてしまった」と伝えると、「不正アクセスされた可能性がありますね」と言われたとのこと。

その後は、担当者の指示通りに一時的にアカウントをロックし、登録情報も削除、またパスワードもリセットしたそうです。

テストしているのでは…!?

ついでにアマゾンの担当者に、なぜ「コンビニ払いなど」の設定になっていたのか確認したところ…。

Twitter/@ngychan

担当者からは、「不正アクセス」をして勝手に商品を注文をしたことに相手が気づいているのかテストをしているのではないかとのこと。さらに担当者は、そのまま気づかなければ「次はカード払いにしてもすぐバレないだろう」と考えていると説明。

Twitter/@ngychan

担当者の説明に納得し、なんとか「不正アクセス」の被害を食い止めたんぎまむさん。この後、アマゾンから商品をキャンセルした旨のメールが届いたそうです。

今回「注文メール」に気付かなかった、もしくは問い合わせを怠った場合、もっと“ややこしい事になっていた可能性”があったと伝えています。

Twitter/@ngychan

もし、あなた宛てに「身に覚えのない注文メール」が届いたら、早急にカスタマーセンターに問い合わせましょう。

んぎまむさんのコメント欄には「えっ、怖過ぎます」「これはためになります!」といった声がよせられ、1万7000件以上リツイートされていました。

ただ起きたことをありのままに…

「アマゾンで不正アクセスされた話」の漫画を描いた理由について、んぎまむさんはこう語っています。

今回の体験を漫画にした理由は、普段から「エッセイ漫画」を描いていたので、ただ起きたことをありのままネタにしただけです。

またカスタマーセンターに問い合わせた後メールが届き、商品のキャンセルを含め、全て滞りなく処理したと記載されていました。

旦那さんの助言もあり、早めにカスタマーセンターに問い合わせして良かったですね。

なお、んぎまむさんさんはブログ『スーパープロ乳児んぎぃちゃん』で、育児漫画やイラストを公開中!

んぎまむさんの育児漫画やイラストが気になる方は、ぜひブログもチェックしてみてください。

※この記事のツイートと画像はんぎぃちゃん@9ヶ月(@ngychan)さんの許可を得て掲載しています。