杉本のルヴァン杯決勝“史上最速弾”でC大阪が1-0リード! 川崎との「初タイトル決戦」は後半へ

写真拡大

川崎DFが痛恨のミス、C大阪の杉本が開始47秒で先制ゴールを叩き込む

 互いに初優勝を狙うルヴァン杯の決勝は、電光石火の一撃でセレッソ大阪のリードで折り返した。

 4日に埼玉スタジアムで開催されたC大阪と川崎フロンターレの対戦は、試合開始47秒という同杯決勝史上最速のゴールでC大阪のFW杉本健勇が先制点を決め、1-0のリードで折り返した。

 川崎にとってまさかの瞬間が訪れたのが、試合開始直後だった。C大阪の攻撃で川崎の最終ラインに飛んだ緩い浮き球を、DFエドゥアルドがボールに合わせられずに痛恨の空振り。そこにポジションしていた杉本にいきなり相手GKと1対1になるチャンスが転がり込み、右足で冷静に蹴り込んだ。試合開始47秒での先制ゴールは、DF奈良竜樹の出場停止によりスタメン起用されたエドゥアルドによる悔やんでも悔やみきれないワンプレーが誘発してしまった。

 その後は中央を固めて待ち受けてカウンターを狙うC大阪と、ボールを保持して押し込んでいく川崎という構図になった。川崎は前半16分にMF家長昭博、MF中村憲剛、攻撃参加したDFエウシーニョと流れるようにパスがつながり、エウシーニョがペナルティーエリア内右サイドから狙ったが、C大阪のGKキム・ジンヒョンが好セーブで弾き出した。

 川崎はゴール前を固めるC大阪を相手にサイドからドリブルやショートパスでの侵入を図ったが、最後のところで崩し切れず、試合はC大阪が1-0でリードしたままハーフタイムを迎えている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images