全英シングル・チャート、カミラ・カベロが初の1位

写真拡大

今週のUKシングル・チャートは、ヤング・サグをフィーチャーしたカミラ・カベロの「Havana」が先週の2位から浮上し、トップに輝いた。フィフス・ハーモニー時代も含め、カミラにとって初の全英1位が誕生した。

◆カミラ・カベロ画像

代わって、4週連続で1位だったポスト・マローンの「Rockstar」は2位に後退。3位は先週と変わらず、KhalidをフィーチャーしたMarshmelloの「Silence」がキープした。今週のシングル・チャートは動きが小さく、新たにトップ10入りしたのは、チャーリー・プースの「How Long」のみで、先週の17位から8ランク・アップし9位をマークした。

アルバム・チャートは、2月に日本公演を開くことが決まったミュージカル界の2大スター、マイケル・ボールとアルフィー・ボーの新コラボレーション・アルバム『Together Again』が初登場でトップの座についた。

週半ばの集計では1位獲得が見込まれていたステレオフォニックスの10枚目のスタジオ・アルバム『Scream Above The Sounds』は2位にチャート・イン。今週はこのほか、ジャズ・シンガー、グレゴリー・ポーターの『Nat King Cole & Me』が3位、クリス・ブラウンの8枚目『Heartbreak On A Full Moon』が10位に初登場した。

Ako Suzuki