クフ王のピラミッド内の空洞を視覚化(contact@hip.institute提供)

写真拡大

 名古屋大学高等研究院の森島邦博特任助教らは宇宙線を使い、エジプトにあるクフ王のピラミッド内に長さ30メートル以上の未知の空洞を発見した。高い透過性を持つ宇宙線の一種である「ミュー粒子」を利用したものでピラミッド中央部「王の間」に通じる通路「大回廊」の上部にあたると見られる。森島特任助教は「この技術をピラミッドだけではなく、世界中の考古学遺跡の調査に使いたい」と話している。

 ミュー粒子は1キロメートルの岩盤でも透過する。X線では通常数十センチメートルしか透過できない。また、ミュー粒子は岩盤中を直進する性質を持つため、検出器でとらえた際の粒子の方向を分析すれば、ピラミッドのどの場所を通過したかが分かる。

 クフ王のピラミッドは紀元前2500年ごろに建設された。「スキャンピラミッド」と名付けたこのプロジェクトでは、エジプト考古省とカイロ大学などで運営。宇宙線を使った技術として、名大のほか、高エネルギー加速器研究機構などが参加した。