運動会の親子競技は、子どもと保護者のコミュニケーションを深めてくれる。子どもの発育に合わせてさまざまな競技がおこなわれ、保育園や幼稚園、学校の先生が考えた、アイデアあふれる競技は見ているのも楽しい。そんな中から、年齢別に定番の親子競技をご紹介。親子競技に参加する人は、参考にしてみては?

赤ちゃんも参加!0〜2歳

保育園での運動会は、0歳児から参加する場合も多い。自分でできることが少ない乳幼児たちは、どんな競技をするのだろうか。

◆0歳・乗り物競争

段ボール箱で作った車や、魔法のじゅうたんに見立てた座布団などに子どもをのせ、親が引っ張って競争する。0歳児のかわいさを眺めるのが主となる競技。0歳児では、月齢によってハイハイができる子とできない子がいるため、自力で移動する競技はあまりない。

◆1歳・果物狩り競争

手にかごや箱を持って親子でスタートし、コース途中に用意された果物を入れてゴールまで競争する競技。手をつないだり、おんぶしたりとスキンシップもはかれる。ただし、1歳児も月齢によって歩ける子とまだハイハイの子がいるので、競技の上では分ける配慮が必要。

◆2歳・親子竹馬競争

コースの途中で保護者は待っている。子どもがスタートし、保護者が待っている地点でお面をつけたり、キャラクターのコスプレ(マントをつける、帽子をかぶるなど)をして、今度は保護者とゴールを目指す。その時、子どもが足を保護者の足の上に乗せ、保護者はそのまま、子どもの腕を支えて前へ進む。その姿が、まるで竹馬のようになる。バランスをとるのが上手になってくる2歳児ならではの競技だ。


成長を感じられる3〜5歳

二人三脚に近いような、複雑な競争もできるようになる。


赤ちゃんではなく子どもらしくなってきて、いろいろとできることも増えてくる3歳以上。体だけでなく頭を使うものも増えてくる。

◆3歳児・障害物競走

パン食い競走や、大きなズボンを一緒に履いて走るなど、施設によって内容はいろいろと工夫されている。3歳時は運動能力が発達して、平均台なども上手にできるようになる。親子で協力したり、中には親のほうがなかなかクリアできない障害などがあったりと、応援も盛り上がる競技だ。

◆4歳児・買い物競争

親子でスタートしたらコースの途中にあるカードを拾い、買い物するものがある山の中からカードと同じものを選んで、ゴールを目指す。ほかにも、いろいろな形でおこなわれる競争。4歳児になると、物の名前や形の認識能力が上がるため、こういった競技は適度な頭の体操となって盛り上がるようだ。

◆5歳児・借り人競争

親子でスタートし、引いたカードに書いてある条件の人を探して、見つけたらその人も一緒にゴールを目指す。5歳児になると、文字が読める場合も多くなり、言葉だけでどんなものなのか想像する力、仲間分けをする力もついてくる。また、運動能力も発達して、走るのが得意な子になるとかなり早く走れる。大人も必死に走ることになるだろう。


全員で参加できる親子ダンス

スキンシップを大切にする親子ダンスは、定番中の定番


運動会では、子どもたちの好きな音楽に合わせて全員で踊る親子ダンスが長年の定番だ。保護者とフォークダンスのように手をつないだり、向かい合って手拍子でリズムをとったり、一緒に歌ったりと、どんな年齢の子どもでも参加でき、のんびりと楽しめる。

子どもたちの成長ぶりを知ることができる運動会。小学生になると親子競技をやる運動会は少なくなる。ぜひ、子どもたちが小さいうちに親子競技に参加して、一緒に楽しい思い出を作ってほしい。

執筆者:サワユカ