Masaya Kushino exhibition「美しい誤解」

写真拡大

 串野真也が手掛ける「マサヤ クシノ(Masaya Kushino)」が、企画展「美しい誤解」をジェイアール京都伊勢丹で開催する。会期は11月8日から14日まで。
 企画展ではパンプスの展示やオーダー受注、ブランドのアイコン「スカルバッグ」の限定品の販売が行われる。また、会場には男女の身体の一部が入れ替わった2体のマネキンを設置。マネキンに合わせてデザインされた衣装を着用しており、違和感を生み出す事により「装い」や「性別」への固定概念に対して問題提起するという。期間中、写真家の安珠やイラストレーターのChocomoo、タレントの安田美沙子を迎えたトークショーが開催される。
 串野真也は、京都芸術デザイン専門学校 ファッションデザイン学科卒業後、2004年にイタリアに留学。帰国後に「JILA LEATHER GOODS AWARD 2007」でグランプリを受賞したことをきっかけに、革を中心とした靴や鞄などの制作を開始した。現在は京都を拠点に活動しており、さまざまな伝統技術を取り入れた作品を発表している。