イラストレーターMary Parkさんは、今の彼と付き合いはじめて9年。相手に気兼ねする時期なんかとっくに過ぎてしまい、ある意味達観しちゃったふたり。それでも、彼女の描く日常からは、ほんわか温かい愛情がにじみでていて、ついついクスっと。

Maryさんに直接聞いた、長く恋愛関係を続けるための秘訣を最後に。要チェックです!

01.
美味しいものは
ひとり占め!

食事中「あ〜ん」なんてやっていた時期もあった。でも数年後には、「ダメ、あげない!」っていう“心地良い”関係。

02.
食べ過ぎ?
「そんなの気にしな〜い」

昔は、食べ過ぎると「太っちゃう〜」と気にしていたはずなのに。お腹が出ていることを今は逆にネタにし合う関係。

03.
「オナラ=恥ずかしい」
…ないない(笑)

オナラなんて気にしない…。相手は幻滅どころか、逆襲してくることも!

04.
気持ちを伝えることに
躊躇はまったくナシ

かまって欲しい時なんかも、ほら。良い意味で気を使うことはなくなる。

05.
フザケていたつもりが
本気に…

Maryさん、どうして9年間も関係を続けられたんでしょう。

「ここまで決して簡単じゃなかった。私が学んだことは、関係を続けるために互いに努力する必要があるということ。我慢強くいて、衝動的にならないことが大事。感情というものは一時的でしかないから。喧嘩をして別れることは簡単だけど、腹立たしい時でも相手の言うことに耳を傾けて理解しようとすることが大切。こうすることで、強い繋がりを持てるようになるから」

Licensed material used with permission by MARY PARK