20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、関西で歯科助手の仕事をしている佐々木典子さん(仮名・36歳)。胸まであるロングのストレートヘアに、化粧っ気を感じないものの長いまつ毛が印象的で、目鼻立ちはハッキリしている美人な女性です。「普段は仕事でマスクをしていることが多いので、あまり化粧をしなくなったんです。でも仕事では目元だけは見えるじゃないですか。だからマツエクはかかせませんね」。そのしゃべり方からも、サバサバとした雰囲気を感じる典子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、両親との5歳上の兄との4人家族です。母親は兄に、父親は私に甘々でした。小さい頃から今までも含めて、父親に怒られたのは一度だけ。それもすごく小さい頃だったので、何で怒られたのかはよく覚えていません。家族仲は良かったです。両親ともに正社員で働いていたので、平日に構ってあげられない分なのか、週末はよく家族で出かけていました。今でも実家に帰省すると、家族で出かけます。子供はすでに30歳を超えているのに、小さい頃からの家族関係がそのまま続いている感じですかね(笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時です。中学や高校では好きな人はいたんですが、誰とも恋には発展しなくて……。告白も全くできなくて、ずっと眺めているだけで終わってしまいましたね。告白されたりもあったんですが、好きでもない人と一緒にいるなら友達といるほうが気楽ですから。そんな気持ちで過ごしていたら高校まで彼氏はできませんでしたね。

初めての彼氏は合コンで知り合った人です。とにかく顔がタイプでした。今で言うと、政治家の小泉進次郎さんに似た感じのキリッとした切れ長の目が印象的なイケメンです。彼は近くの大学の学生で同い年でした。合コンで連絡先を交換して、その後に何度か食事に誘われて、付き合うことになりました。隣にいるだけで見惚れてしまうこともあるほど顔がタイプだったんですが、中身が合わなくて……。好きな食べ物や、趣味、恋愛の仕方どれも違って、合わせるのがしんどかったです。でもこんなカッコいい人と付き合えるチャンスはそうそうないので、我慢していました(笑)」

それでもイケメン彼氏との付き合いは幸せだったけど、典子さんは新しい恋に惹かれていってしまい……。

その後も彼に合わせた付き合いが続く中、新しい出会いがあったそうです。

「大学在学中は居酒屋でアルバイトをしていたんですが、そこに高校時代に片思いしていた先輩が飲みに来たんです!先輩は2つ上で、とにかく学校中で人気があるバスケ部のキャプテンで、再会した時は社会人になっていてさらにカッコ良くなっていました。私は先輩がいるテーブルの担当じゃなかったんですが、どうしても気づいてほしくて話しかけたんです。先輩はうろ覚えといった感じで、もしかしたら話を合わせてくれただけかもしれないんですが、私に気づいてくれました。高校時代に先輩の周りで騒いでいた女子たちの1人でしたから。そしたら、先輩は携帯の番号を交換しようと言ってきたんです。すごく嬉しくて、私の番号を伝える時の声が震えちゃいましたね(笑)。そして、その後に先輩と連絡を取るようになり、彼氏にも先輩にも全てを内緒で2人との関係を続けました」

彼氏はそのまま継続、先輩とは付き合っていないもののデートを繰り返していく中、先輩との関係に違和感があったと言います。

「先輩とのデートは最初の頃こそ一緒に過ごせていることで浮かれていて気づかなかったんですが、ちっとも楽しくなかったんです。ドライブデートの時はやたらと夜景のキレイな場所に駐車して話すだけ……。しかも、どんだけ夜景スポットを知っているんだよ!とツッコミたくなるような毎回違う場所。高校時代の先輩はずっと同じ彼女と付き合っていて、彼女一筋な硬派なイメージだったのに、今は口説こうと、あわよくばキスぐらいしようとしている雰囲気がダダ漏れで、なんか格好悪くて……。会う度に気持ちが盛り下がっていく感じでしたね……。

先輩からも付き合おうとは言ってこないくせに、友達との飲み会に私を呼び出したり、馴染みの店に彼女みたいに紹介したりと、何がしたいのかよくわからなくて……。気持ちもすっかり彼に戻ったので、先輩をフェードアウトしながら、最近ちょっとないがしろにしていた彼氏との時間を作るようにしていったんです。でも世の中そんなに甘くなかったんですよね……。彼は私が忙しいという理由で会えない期間に文句1つ言わなかったのは、別の女の影があったからなんです!自分のことを棚に上げて、彼との話し合いが始まりました……」

典子さんは先輩とのデートを思い出し、「先輩とのデートですっかり夜景が嫌いになりました。こんなことなら高校時代のキレイな思い出で残したかったから、再会したくなかったですね」と語ります。

彼を取られたくない!浮気相手との仲を一度は裂いたものの、一度彼から目を離した代償は大きかったのに、さらに彼女は……。〜その2〜に続きます。