【詳細】他の写真はこちら

小林幸子が11月3日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された『ニコニコ超パーティー2017』に出演し、1年半ぶりの新曲「存在証明」(12月6日発売)を初披露した。

最近では、“ラスボス”としてネットユーザーからの支持も高い小林。ステージ後に囲み取材に応じた小林は、新曲について「“ほかの人と同じじゃなくても間違ってないよ。ずっと見てるよ”というメッセージを込めています」と説明。

そして、「ネットの世界はすばらしいです。ニコニコ動画に出会って自分の枠を超えることができた」と、ネットの世界との出会いにあらためて感謝していた。

<囲み取材 一問一答>

Q:ライブを終えて今の感想は?

今回ひとつになったという気持ちで達成感があります。いつもはボカロ曲を歌っていて、今回も「千本桜」を歌ったんですけど、もう一曲「存在証明」という新曲を歌いました。皆さんがすごく受け入れてくれたのでうれしかったです。初めて歌ったので、すごい緊張しました!

Q:今回の新曲ですが、どんなところに注目してほしいですか?

今の時代、若い子たちが引きこもりだったり、“ぼっち”がいたりと社会問題があると思うんですが、「そのままでいいんだよ」「今のまんまでいいんだよ」という母親より年上の目線として聞いてほしいと思っています。「ほかの人と同じじゃなくても間違ってないよ。ずっと見てるよ」と言うメッセージを込めています。

Q:幸子さんがニコニコ動画と出会ったときからそんな思いがありましたか?

いちばん最初、「ぼくとわたしとニコニコ動画」を聴いて、この子たちが抱えてる寂しさや切なさが歌詞にあって、友達がいない、話し相手もいない、でもニコニコを通してやっと友達に会えたという歌詞なんです。涙出てきちゃったんです。それから動画投稿をスタートしたんですが、ボカロ曲ってメッセージソングいっぱいありますからね。超パーティーやネットで見てくれている子たちの気持ちが私なりに理解できたと思います。

Q:最近は、いろんな方々がネット界で活躍の場を広げていますが、先駆者として何かアドバイスはありますか?

ネットの世界はすばらしいです。ただし、悪意があるものは何の価値がないです。歌詞にも入れていますが。若い子たちだけでなく、大人も不安を抱えてると思います。

Q:新しい一歩を踏み出すということで、「新しい地図」が話題ですが。

SMAPはいろんな個性をもった塊ですから、それぞれ頑張ってほしいです。SMAPはデビューから知ってるんですが、クイズ番組で一緒だったときに。私がもらった賞金をあげたんですよ。中居(正広)君、それ覚えてました(笑)。ずいぶん前ですけどね(笑)。自分の証明を存在するのは自分自身だと思います。

Q:何か枠を超えてチャレンジしてみたいことなどはありますか?

ニコニコ動画に巡り合って、本当に枠を超えることができたんです。その一歩、背中を押してもらえるかどうかなんですが。人生に“良い・悪い”、“正解・不正解”はなくて、自分を信じてブレなければそれが真実です。ニコ動から背中を押してもらって今の自分がいるんだと思っています。自分の壁や垣根を作っているのは自分なので、それを越えられたら、みんなも変われると思います。その楽しさを見つけることを歌でサポートできたらいいなと思います。

Q:衣装のコンセプトについて教えてください。

新しいスタートということで、白にしました。「フェニックス」という衣装です。楽しんでもらいたいです。人を楽しませるのはまず自分が楽しまないとと思いまして。ちなみに、全長18m超の間口いっぱいです!

リリース情報



2017.12.06 ON SALE

SINGLE「存在証明」

小林幸子 OFFICIAL WEBSITE

http://www.sachiko.co.jp/