「あたしも一緒に頑張らないと」鬼束ちひろが丸刈りになった理由に称賛の声

写真拡大 (全2枚)

歌手の鬼束ちひろさんが2017年10月31日、Twitterで頭を丸刈りにした姿を公開し、大きな注目を集めています。

2000年にリリースしたシングル『月光』でブレイクした鬼束さん。当時は清楚な印象でしたが、一時はメイクがかなり濃くなり、見た目の変化で世間を驚かせました。

今回、丸刈りにしたのには、とても深い理由がありました。

がんと診断された大切な人を応援するための意思表示

まずは、丸坊主になる前に投稿された写真です。

そして、こちらが丸刈りにした鬼束さんです。

この投稿を行ったのは所属事務所のスタッフとのこと。そのスタッフも、鬼束さんが丸刈りにしたことにとても驚いていたそうです。

そして、鬼束さん本人からの直筆メッセージが投稿に添えられていました。

ファンの皆さん、
いきなりびっくりさせて、ごめんなさい。
あたし、ボウズになっちゃいました笑。
実は、
身近な大切な人が、ガンと診断され、
もしかしたら、多分、
抗がん剤治療を始めると思います。
で、
髪の毛が抜けてくって聞いたから、
あたしも一緒にがんばらないと!と
応援の意味で、こう決めました。
普段はウィッグを楽しみます! 笑
その人が元気になるようにと、
ファンの皆もよかったら祈ってね。

@onitsukachihiro ーより引用

鬼束さんにとって大切な人ががんと診断されたため、「自分も一緒になって頑張っていこう」という意味で丸刈りにすることを決意したのです。

もちろん、鬼束さんが坊主にしたからといって、大切な人の病が治るわけではありません。ですが、「大切な人の心に寄り添っていたい」という想いが伝わってきます。

鬼束さんの行動には、世間から称賛の声

・鬼束さん、見た目も心も美しいです。

・イケメンな鬼束さん、素敵です。

・女性が坊主になるというのは生半可な気持ちではできないこと。

・大切な人も勇気付けられたのではないでしょうか。

きっと鬼束さんの気持ちは、大切な人に届いているはずです。

苦しい闘病生活が待っているとしても、鬼束さんの存在が大切な人の支えになることでしょう。

[文・構成/grape編集部]