ルヴァン杯ニューヒーロー賞を受賞した仙台FW西村拓真

写真拡大

 ルヴァン杯決勝の前夜祭が3日に行われ、今大会のニューヒーロー賞を受賞したベガルタ仙台のFW西村拓真(21)が表彰を受けた。クラブ公式サイトが同選手のコメントを伝えている。

 ニューヒーロー賞の受賞に際して西村は「まずはチームあっての受賞だと思うので、クラブの方々に感謝をするのと同時に、この賞をいただいたからには責任を持って自分と向き合い、さらに上のレベルに行ければと思います」と述べた。

 今季のルヴァン杯には10試合に出場。5月3日のグループリーグ第4節・大宮戦(2-1)で挙げた自身の大会初ゴールを含む2得点を記録したが、チームは準決勝で川崎Fに敗れ、クラブ史上初となるファイナル進出を逃した。

 プロ3年目のストライカーは「決勝進出がクラブの目標だったので、今この舞台に立たせていただいても、悔しい気持ちが1番大きいです」と本音を明かしつつも、「試合を重ねるごとに、色んな気づきを得ることができました。多くの試合に出場することで(全体的に)成長することができました」と手応えも感じている。

 今後に向けては「まだまだ(得点、アシストなどの)数字は足りないと思うので、これからは数字にこだわってプレーしたいと思います」と、チームの勝利のために結果を求めていくことを誓った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●ルヴァン杯2017特設ページ