撮影●諸井純二

写真拡大

dTVとFODの共同製作ドラマ「花にけだもの」で、男らしいけど優しくていちずな“けだもの男子”の豹と千隼を演じる杉野遥亮と松尾太陽。劇中では、ヒロインの久実(中村ゆりか)をめぐる恋のライバル同士なのだが、普段の2人は撮影当初から仲良し。松尾が所属するグループ・超特急がつなぐ縁でもあるようで…。そんな2人に作品のことから、“恋バナ”までインタビュー!

【写真を見る】撮影中、松尾太陽を見つめる杉野遥亮/撮影=諸井純二

杉野遥亮「僕が超特急のライブに行ったとき、初めて会ったんだよね」

松尾太陽「そうそう、遥亮くんと会ったとき『僕よりも身長が高い人がいるんだ』って新鮮に感じた(笑)。超特急では僕が一番、背が高いから」

杉野「ライブを見たとき、にぎやかなグループの中に一人だけ王子様っぽい人がいるなと思ったんだよ。それが太陽くんで。このドラマの現場でも、やっぱり王子様。全て完璧で受け答えも丁寧で、純粋だし」

松尾「ありがとう! そんなに褒めてもらっても何もあげられませんけど(笑)。現場の遥亮くんを見ていると、豹のお芝居のパターンを幾つか持ってきていて、いろいろ試している部分を感じていたので、尊敬できるし、すごいなって思ってる」

杉野「杉野遥亮自身については?」

松尾「遥亮くんと共演して仲良くなった(超特急メンバーの)タクヤから『アイツ、変わってるっしょ?』って言われたんだけど、現場の遥亮くんを見ていると、確かにそうだなと思った(笑)。いい意味でね! 話していて、面白いんだよ。何でも本音で言ってくれるのも、うれしいし」

杉野「ありがとうございます(照笑)」

松尾「すごくカッコ良くて、女性にモテる豹を遥亮くんがどう演じるのか、僕は視聴者目線で気になってて。遥亮くんのお芝居は、豹の優しさと久実に対する真っすぐな思いが感じられるし、独特な表現で豹を演じていると思う。僕の予想を超えたものを見せてもらえて、面白いなって」

杉野「何か…普通にうれしい(笑)。太陽くんのお芝居も、感情が伝わってくる。一緒にお芝居したとき、久実を好きという気持ちを内面に秘めている千隼がいる、と思った。目の表現が、すごくいいなと思った」

松尾「褒め合いになってるけど(笑)、そう言ってもらえるのは本当にうれしいし、もっと頑張ろうって思える」

 そんな2人のプライベートな“恋バナ”も聞きたい!ということで、もしも気になる女の子がいたら、どうアプローチする?

杉野「すぐに告白とかはしないかな。まずは、どういう人なのかを周りからリサーチしたり、結構慎重派かも」

松尾「僕も、そっちのタイプだと思ってたけど、もしかしたら何も考えられなくなって、突っ走っちゃうんじゃないかと最近ちょっと思うようになってきた」

杉野「否定されちゃったよ(笑)」

松尾「(笑)。そうじゃなくて、僕の個人的な見解ね。こういうラブストーリーで役を演じることで、自分自身の感覚も変化している部分がある気がする。相手が僕を好きじゃなくても、諦めないでアプローチし続けるかも。ウザがられそうだけど(笑)」

杉野「好きになったらいちずなところは、僕にもあると思う。初恋の人は…これ以上しゃべると、どんどん深みにハマりそうだから、もうやめとこう(笑)」