【昌原聯合ニュース】韓国南東部の慶尚南道・昌原にこの秋お目見えした2階建て観光バスが人気を集めている。昌原市は4日、2階建てのシティーツアーバスが9月22日の運行開始から約40日となる今月1日に、乗客が延べ1万人に達したと伝えた。

 このバスは2階の屋根の一部がないハーフ・オープントップ型で、乗車定員は70人。5000ウォン(約510円)の料金で昌原市内と近隣の馬山、鎮海の主要観光スポットを回ることができる。

 ただ、運行区間にはトンネルが五つあり、これらを通過するたびに乗客は外気にさらされない車内に移動する必要がある。