オーストリア・ウィーンの乗馬学校で撮影された馬(2015年7月5日撮影、資料写真)。(c)JOE KLAMAR

写真拡大

【AFP=時事】酒を飲みすぎた時は四輪の自動車を運転するよりも四本足の動物に乗る方が良い選択だと思うかもしれない。しかし米南部フロリダ(Florida)州の警察はその考えにくみせず、飲酒後に馬に乗った容疑で女を逮捕したことを明らかにした。

 同州ポーク(Polk)郡保安官事務所が3日発表したところによると、同州中央部ポークシティー(Polk City)で2日、ドナ・バーン(Donna Byrne)容疑者(53)を「飲酒または薬物の影響下での乗馬」の容疑で逮捕した。

 このほかにバーン容疑者は、交通量の多い道路脇で乗馬して馬への適切な保護を怠り負傷や死の危険にさらしたとして動物虐待の疑いも持たれている。

 警察によると、通行人から通報を受けた警官が現場に駆けつけた際、バーン容疑者は酔っているように見えたという。

 グレイディ・ジャッド(Grady Judd)保安官は、「バーン容疑者は明らかに道路上にいるべき状態ではなかった。彼女は自分自身と馬を危険にさらしただけでなく、通常交通量が多いこの道路で車を運転していた他の人々も危険にさらす恐れがあった」と述べた。

 バーン容疑者が乗っていた馬は保安官事務所の動物シェルターに収容されたという。
【翻訳編集】AFPBB News