iPhone Xが搭載するFace IDは、本来1台につき1人しか認識しないはずです。ところが兄と弟の2人を「同一人物」として認識していると思われる動画が、Twitterで公開されています。

双子でない、4歳違いの兄弟

ロシアのアプリ開発者サラバト・クハノフさんが公開した動画を見ると、最初にサラバトさんがiPhone XをFace IDでロック解除したあと、兄(弟)のリナットさんも確かに顔認証でのロック解除に成功しています。
 
サラバトさんによれば、2人は双子ではなく、4歳離れた兄弟です。動画の最後に登場する2人並んだ写真を見ても、それほど似ていません。
 

顔を学習した結果? 

動画に挿入された説明によると、サラバトさんは自分の顔でFace IDを登録。その後リナットさんが、Face IDではなくパスコードを使ってiPhone Xをロック解除するという行為を数時間繰り返したそうです。
 
するとiPhone Xはサラバトさんだけでなく、リナットさんでもFace IDでロック解除可能になった、と伝えています。この理由についてサラバトさんは、リナットさんが繰り返しパスコードでロック解除したために、顔の違いを学習したためではないか、と推測しています。
 
動画は以下からご覧ください。

 

 
なお、iPhone XのFace IDは、両親も時々間違うほどそっくりな双子の兄弟を見分けられないことを示す動画も公開されています。

 
 
Source:Twitter
(lunatic)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ