iPhoneが自宅の鍵に!Siriに話しかけたら鍵が開いちゃうんです!

写真拡大 (全3枚)

iOS 10以降に搭載されているホームアプリ、何に使うかご存じでしょうか。これはApple Home Kit対応アクセサリを一括で統合管理するもので、要するにSiriを使って対応家電の操作が簡単に行えるんです。

Siriにお願いして照明をつけたり換気をしたり、iPadで玄関前の来客の確認も可能…なのですが、正直に言えば、国内で使えるモノは残念ながらまだまだ限られているというのが現状。『アラビアン・ナイト』の呪文じゃあるまいし、声をかけるだけで扉が開けられるようになるのはやっぱりまだ先か…なんて思っていたら、とうとう出ました、音声認識で自宅の鍵を開けられるシステムが!

 

これはデンマークPoly Control社が開発したスマートロック「danalock(ダナロック) V3」。日本国内で使用できるApple Home Kit対応スマートキーとしては初めての製品で、2017年12月からM2モビリティーが取り扱いをスタートします。

これを使えば、スマホ経由でSiriに声をかけるだけで施錠も解錠も可能。さらにはドアに近づくだけで自動的に解錠するハンズフリー機能、解錠後に一定時間経過すると自動的にドアをロックするオートロック機能、複数ユーザーで鍵を共有できる共有キー機能なども搭載しています。iPadやApple TVをゲートウェイとして利用すれば遠隔操作もOK、うっかり鍵をかけ忘れてしまっても慌てずに済むというわけです。

本体サイズは高さ65mm、直径60mm。ドアロックの種類によっては加工が必要な場合もありますが、基本的にはドアへの穴あけも不要、既存のドアの内側にあるサムターンを交換するだけで取り付けられます。従来通り、鍵を使っての開閉も行えるので、汎用性の面でも安心。

現在出荷に先立ってamazonにて予約受付中、amazonでの販売価格は2万9160円となっています。

>> danalock

 

(文/&GP編集部)