おでんに生クリームちょい足しで…(写真/アフロ)

写真拡大

気温が下がり、冷たい風が吹き出すと食べたくなるのが、鍋やおでん、シチューなどのあったか〜い冬の定番メニュー。定番というだけあって、マンネリ化しがちな冬の料理だけど、たったひとつの食材を加えるだけで、劇的においしくできるのだ。

「しかもその食材は、バターやリンゴなど、どの家庭にもあるものばかり。いつも食べている料理に一手加えるだけで、高級料理と見紛うほど味が変わります。冬の料理には、そんな裏ワザがたくさんあるんです」(料理研究家のタケムラダイさん)

 おいしすぎる5つの“ちょい足し”レシピを紹介する。

◆寄せ鍋+トマト

「トマトは食べずにだしとして使います。鍋を食べ終えた後で、トマトを割り崩しましょう。ご飯を入れてチーズをかければ、うま味たっぷりのトマトリゾット風のシメが完成です」(タケムラさん)

 料理研究家の野口英世さんが鍋に加えるのは、スルメだ。

「ほんの少し入れるだけで、魚介のうまみが広がって魚醤を使ったようなおいしい鍋になります」

◆おでん+生クリーム

「1パック分の生クリームを入れると、クラムチャウダーのような濃厚な洋風おでんに変身します。ちなみにキムチを入れると、韓国料理の軍隊鍋(プデチゲ)ピリ辛おでんが楽しめます」(タケムラさん)

◆シチュー+みそ

 前出の野口さんの冬のイチ押しが、シチューにみそを加えることだ。

「ビーフシチューなら赤みそ、クリームシチューなら白みそを足しましょう。4人分で大さじ1〜2杯が目安。一気にコクと味に深みが増します」

◆湯豆腐+焙じ茶

「ダイナミックに、鍋の湯を全て焙じ茶に変えましょう。豊かな香りが食欲を増進させ、料亭のような高級感が漂います。つけだれではなく、塩で食べるのがオススメです。もしつけだれが欲しいかたは、ポン酢ではなく、ノンオイルの青じそドレッシングがいいです。風味豊かでさわやかな味になります」(タケムラさん)

◆ふろふき大根+ツナ缶

「大さじ1杯程度をのせると、オシャレなバルメニューに変身します。さらに粒コショウをプラスすると、スパイシーでワインによく合いますよ。あえて大根おろしをプラスするのもオススメ。濃厚なみそだれがさっぱりします。また昆布茶を混ぜると、グルタミン酸のおかげでうま味がアップします」(タケムラさん)

※女性セブン2017年11月16日号