鳥居みゆき、『陸王』第3話出演で母校に凱旋 「こういった形で戻ってくるとは思いませんでした」

写真拡大

 毎週日曜21時から放送中のTBS日曜劇場『陸王』に、お笑い芸人の鳥居みゆきが出演することが決定した。

参考:竹内涼真が涙の決意ーー『陸王』第2話でプロジェクトがいよいよ本格始動!

 同ドラマは、『半沢直樹』『下町ロケット』の池井戸潤による同名小説を役所広司主演で実写化した社会派ドラマ。埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長・宮沢紘一が、足袋製造でこれまで培った技術が活かせるランニングシューズ“陸王”を開発し、世界一のシューズにするまでを描く。

 鳥居は、11月5日放送の第3話に登場する高校教師・栗山役として出演。2006年に『クロサギ』に出演以来、約11年ぶりのTBSドラマ出演となる。鳥居が演じる栗山は、学校の体育の授業で生徒たちに足袋を履かせるため、数社の足袋会社に問い合わせをしており、その中で“こはぜ屋”の宮沢(役所広司)と連絡をとり、面会するという役どころだ。

 鳥居は秋田県生まれ、埼玉県育ちで、今年5月に行田市の観光大使に就任した。今回撮影が行われた高校は、偶然にも鳥居の母校。およそ20年ぶりに帰った母校で役所と共演した鳥居は、今回の出演にあたってコメントを寄せた。

【鳥居みゆきコメント】どうも行田市観光大使、鳥居みゆきです。育ったのがずっと行田市なので、観光大使をさせていただいています。私がずっと通っていた母校に、こういった形で戻ってくるとは思いませんでした。びっくりしましたが、うれしいです。久しぶりのドラマ出演で、緊張からずっとトイレを我慢していたので、眉間にしわが寄っていないか心配です。緊張しちゃって脇汗たくさんかいたので、それが映らないように受話器をとるのが大変でした〜(笑)。看板女優として、頑張ります! 行田はすごくいいところなので、『陸王』とともに盛り上がっていけたらいいなと思っています。

(リアルサウンド編集部)