Appleは11月3日、iPhone Xが搭載する有機EL(OLED)ディスプレイに関するサポート文書を公開しました。見る角度によって色合いが若干変化するのは異常ではないことなど、OLEDの特色や使用上の注意などが解説されています。

焼き付きを起こしやすいOLED

11月3日に発売となったiPhone Xは、iPhone初のOLEDディスプレイを搭載しています。OLEDはコントラスト比と解像度が高く、素子そのものが発光するためバックライトがいらず、薄型化や省エネが実現しています。
 
一方で、同じ明るさで同じ色を表示し続けた場合、画面が焼き付きを起こしやすいという弱点があります。
 
Appleもこの点は認識しており、iOS11には焼付き防止機能が搭載されているといわれています。サポート文書内でも、「長期利用による劣化を極力抑え」、「OLEDの『焼き付き』減少の低減という点でも、業界最高を目指しました」と記しています。

適切な使用で焼き付き発生を予防

ただしOLEDの特性として、見る角度によって色味や色合いが若干変化すること、また長時間使っているうちに見え方に変化が見られる場合があるものの、これは問題ではないと述べています。さらに、「残像」や「焼き付き」など、画面に新しい画像が表示された後も前の画像がかすかに残って映るといった現象も、起きるようになる場合があるとしています。
 
焼き付き現象の発生を出来る限り防ぐために、Appleは「明るさの自動調節」を使って、周辺光に合わせてディスプレイの明るさを自動的に調節すること(デフォルトではこの設定は有効になっています)、ディスプレイを使っていないときはオフにすること、静止画像を最大輝度で長時間表示し続けないことを推奨しています。
 
 
Source:Appleサポート文書 via MacRumors
(lunatic)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ