ウォズニアッキ「一番幸せな日。イエスと答えたわ!」NBA選手のデビット・リーとの婚約を発表

写真拡大

元世界ランキング1位のカロライン・ウォズニアッキ (デンマーク) が3日、自身のビッグニュースである婚約を発表した、とWTAが報じている。

元世界女王は、SNS上でプロバスケットボール選手のデビッド・リーとの婚約を発表し、オフシーズンをスタートさせた。

「昨日は人生で一番幸せな日だった。私のソウルメイトにイエスと答えたわ」と、木曜日にプロポーズを快諾したことをツイッター上で明かした。

ウォズニアッキは先週「BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール」で優勝し、2017年のシーズンを世界ランキング3位で終えたところだ。

レッドグループを2位で通過し、準決勝でカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を、決勝でビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を破り、シーズン最終戦での初優勝を飾っている。

ウォズニアッキにプロポーズをしたリーは、これまでNBAのニューヨーク・ニックス、ゴールデンステート・ウォリアーズ、ボストン・セルティックス、ダラス・マーベリックス、サンアントニオ・スパーズでプレーしており、2015年にはウォリアーズ在籍中にNBAで優勝。さらにNBAのオールスターにも2度選出されている。

リーはポリネシアのボラボラ島でバケーション中に撮ったウォズニアッキとの2ショットを投稿している。
「彼女はイエスと言ってくれた! 僕のソウルメイトと婚約できて本当にうれしい!」と、ハートと指輪の絵文字付きでインスタグラム上で語っている。


(テニスデイリー編集部)


※写真はシンガポールでのフォトシュートで撮影された2ショット
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)