来年から始まる「つみたてNISA」。なぜ失敗しにくいと言えるのか(写真:thawornnrurak / PIXTA)

株価がじりじり上がっている。2日の日本株は、日経平均株価が2万2539円まで上昇した。昔の証券会社の場況コメント風には、「世界的なリスクオンムードや9月期中間決算発表への期待から先高感は根強く、バブル崩壊後の戻り高値2万2666円(1996年6月)を目指す動きになりそうだ…」などと書いてみるところだろうが、はっきり言うとこの数字に特別な意味はない。


この連載の記事はこちら

新聞の見出しくらいにはなるだろうが、単に株価がより高く上がるためにクリアしなければならない通過点だし、以前にこの連載でも触れたように、日経平均は2000年4月の銘柄入れ替えで大きな不連続性を発生させて、前後の比較が正確でなくなっている。

過去の株価のグラフを眺めて将来の株価を分析しようとするチャート分析(古風には「罫線分析」。「チャート分析」も十分古風だが…)にはほどんど有効性がないので、投資家読者には、「時間の無駄だから、凝りすぎないように」と申し上げておく。チャートを覚えると素人でも手軽に意見を持つことが出来て取引に参加してくれるので、証券会社やFX業者が「チャート分析講座」的なものを提供しているが、投資家諸氏はあまり期待しない方が良い。チャートはあくまでも過去を振り返るための道具だ。

セイラー氏がノーベル経済学賞を受賞した意味

さて、今回はここから本題に入る。ノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー氏(米シカゴ大学教授)とつみたてNISAの関係に注目してみた。

セイラー氏は行動経済学分野の中心人物の一人で、今回の受賞理由は「経済学と心理学の統合」とされている。詳しくは『週刊東洋経済』2017年11月4日号(p96〜97)に友野典男明治大学教授が解説を書かれている。

セイラー氏は、近年では、必ずしも合理的ではないが人間らしく行動しがちな人々に「気づき」を促すことで、行動を変えようとする「ナッジ」の概念で有名だが、ファンドマネージャーだった筆者が最初にセイラー氏のことを知ったのは、1980年代後半で、彼が「リターン・リバーサル」について書いた論文(1985年)がきっかけだった。

リターン・リバーサルとは、過去に相対的に収益率が悪かった銘柄が、今後には平均よりも優れたパフォーマンスを上げる可能性が大きいことを指す言葉だが、セイラー氏が研究したのは、過去5年の相対パフォーマンスであった。リターン・リバーサルは、長短さまざまな期間に関するものが研究されており、機関投資家の資金運用の実務にも応用されてきた。筆者にとって、当初セイラー氏は、「長期リターン・リバーサル」の研究者だった(当時は、「セイラー」という名前の発音が分からなかった)。

ファイナンスという狭い枠組みを脱したセイラー氏

投資戦略としてのリターン・リバーサルは、もともと「いつでも有効」というわけではなく「場合によって有効」という程度の代物で、銘柄入れ替えの回転率が高いこともあり、これ単体で上手く行くというような運用戦略ではなかった。

「パフォーマンスの悪い銘柄にこそ投資してみよう」という逆張りのスピリットは、「よく考えて見ると一理あるけれども、心理的には抵抗感がある」戦略にチャンスの可能性があるのではないかという「合理的へそ曲がり」を目指す筆者の投資の考え方を作る上で、有力な参考になったものの一つだ。

当時、時価総額の小さな株式、アナリストの注目度が低い株式、取引が不活発な株式、など投資家から不人気になりやすい属性を持つ銘柄に投資すると、市場平均を超えるパフォーマンスが出やすい現象が「アノマリー」(市場が効率的で平均に勝てないことが「ノーマル」だとする考え方の異常事象といった意味合いだ)と呼ばれて、ファイナンスの学者と実務家が活発に研究した。

さて、その後、セイラー氏はファイナンスの分野にとどまらず広範なテーマを扱いつつ、各種の「合理的経済人モデル」では扱いきれない「アノマリー的」現象を研究して行動経済学研究の中心人物の一人になって行った。筆者は、ジャーナル・オブ・エコノミック・パースペクティブ誌に、各分野の第一線の研究者とセイラー氏が続々発表する共同論文を読むのが楽しみだった覚えがある。

この行動経済学黎明期のわくわく感のある論文群は、書籍にまとめられており、「セイラー教授の行動経済学入門」(篠原勝訳、ダイヤモンド社)として翻訳が出ている(筆者は「刊行に寄せて-すぐれた意思決定のトレーニングに」と題する前書きを書かせてもらった)。一連の研究の中には、競馬を対象にした研究も含まれているので、本欄の読者には興味深いにちがいない。

さて、株価が上昇して来た現在、日本の一般個人に資金運用の世界でセイラー式の「ナッジ」を与えるには、どうしたらいいだろうか。投資の世界では、リスクを取って株式などに投資すると、「長期なら絶対に儲かる」とは言えないので強調の加減が難しいのだが、「無理のない程度にリスクを取って投資をしてみることは“たぶん”いいことですよ」、「やってみませんか」というくらいの勧めをすることは、“おそらく”いいことだろうし、大方の常識にも反しない。

なぜ「つみたてNISA」は、損をしにくいのか

しかし、これまで、「貯蓄から投資へ」の掛け声のもとに、結局は手数料稼ぎに血道を上げて来た証券界に対して、日本の幅広い個人は直感的な不信を持っている。

個人を投資に誘い、且つなるべく間違えさせずに、願わくは小さくても成功体験をプレゼントできる、何かいい「ナッジ」の材料はないかと探してみたら、来年からスタートする「つみたてNISA」に思い至った。

つみたてNISAは、大まかには、’間40万円までの、∪冦投資を行い、F世蕕譴人益に対して20年間課税しない(つまり最大限の非課税投資枠は800万円になる)、という制度だ。しかも金融庁が「ノーロード」(販売手数料ゼロ)で、運用管理手数料が安いなど、かなり厳しい条件を付けた商品に対象を限定したこともあって、手数料稼ぎの悪影響を受けにくく、また少額の積立で投資するので「大きく失敗しにくい」性質を持った投資体験が可能だ。筆者は、つみたてNISAは、金融庁が作った「投資教育教材」だと思っている。

課税所得のある人には確定拠出年金(個人型の愛称は「iDeCo」)の税金のメリットが大きいので、先ずはこちらから、というのが一応のセオリーではあっても、60歳以前でも引き出しが可能な分(確定拠出年金は原則として60歳以前に引き出せない)、精神的には気楽な面もあるので、月々1万円くらいからでいいので、つみたてNISAをやってみるといい。投資対象には、外国株式と国内株式のインデックス・ファンドで手数料の安い物を1本ずつ選ぶことをお勧めする。職場の仲間などと一緒にやってみるのもいい。悪くない「ナッジ」だと思うのだが、いかがだろうか。

今回の競馬コーナーでは、東京競馬場の2500メートルで行われるハンデ戦、アルゼンチン共和国杯(11月5日、11R)を取り上げたい。

週末は3日連続でJRA(日本中央競馬会)の競馬が開催されるものの、最高ランクであるG1のレースがない。いわば秋競馬の中休みのような週だ。

アルゼンチン共和国杯はG2で、しかもハンデ戦(強いとされる馬がより重い斤量を背負うレース)なのだが、スクリーンヒーロー(のちのジャパンカップで優勝)、ゴールドアクター(のちの有馬記念で優勝)など、このレースを踏み台に後に活躍する馬が現れやすい。いわば、地味だが注目に値するレースだ(同条件の目黒記念と随分違う。なぜだろう?)。

アルゼンチン共和国杯の本命はスワーヴリチャード

筆者の本命は、今年のダービーでも本命に推した3歳馬スワーヴリチャードだ。同馬は、明らかな左利き(左回りコースが得意)だ。

右回りの中山競馬場をいかにも走りにくそうに回って6着に敗れた皐月賞のレースビデオを繰り返し見て、この馬を5月に行われたダービーで狙おうと決めた(結果は惜しくも2着)。

左回りで、この距離は明らかに最適条件だ。ダービーは、レイデオロに僅差で敗れたが、今回のメンバーで、しかもハンデ戦とあれば、3歳馬でも勝機十分だろう。勝ち方によっては、ジャパンカップ(11月26日、東京競馬場11R)でも楽しみに出来るかも知れない。

対抗は、長距離に実績のあるアルバート。単穴は嵌ると怖い末脚があるデニムアンドルビー、押さえは3歳馬セダブリランテスとする。