ユネスコは10月31日、都市の持続可能な開発における創意工夫の重要性を示すために、長沙、マカオ、青島、武漢が創意都市ネットワークに認定されたと発表した。写真は武漢博物館。

写真拡大

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は10月31日、都市の持続可能な開発における創意工夫の重要性を示すために、長沙、マカオ、青島、武漢が創意都市ネットワークに認定されたと発表した。新華社が10月31日付で伝えた。

【その他の写真】

発表によると、今回は44カ国から64都市が創意都市ネットワークに認定された。長沙、マカオ、青島、武漢はそれぞれデジタルアート、食文化、映画及びデザイン分野での成績により認定された。これまでに景徳鎮、上海、順徳、杭州、蘇州、成都、北京、深センが創意都市ネットワークに認定されている。

ユネスコのイリナ・ボコバ事務局長は、今回新しく認定された都市の特色は多彩で、地域分布上もバランスがいいと述べている。アフリカの9つの都市が認定された事実は国連のアフリカ援助の成果を示しているとした。

創造都市ネットワークは2004年にユネスコが始めたプロジェクトで、文学、映画、音楽、工芸、デザイン、メディアアート、食文化の創造産業7分野から、都市のイノベーション能力を考察し、都市間の革新における成功経験について交流することが目的だ。現在、72カ国の180都市が認定されている。(提供/環球網・編集/黄テイ)