ペロッと舌を出すポーズが何ともキュートなこちらのにゃんこ。

彼の名前はレキシ―。今月で3歳になる雄猫です。

レキシ―は生まれつき後ろ足が不自由で、猫用の車椅子がないと歩けません。

でもインスタグラムの彼は、そんな障害などみじんも感じさせないほど幸せそう!

表情豊かなニャンスタグラム

そんなレキシ―が得意とするのは、コケティッシュな舌出しポーズ。

気を抜くとつい舌が出てしまうのでしょうか?

いずれにせよ、毎回上手にその瞬間を抑える飼い主さんにも感心します。

モデルとしても活躍!

ちなみにレキシ―は飼い主さんが販売するハンドメイド小物の猫モデルも務めており、インスタでもそのファッショニスタぶりを垣間見ることが出来ます。

“障害があること”イコール“無力”ではない。

彼のプロフィールにそう記されているように、お茶目にあっかんべーを決める姿からは「ハンディキャップなんて関係ないね!」という元気な声が聞こえてきそうな気がしませんか?