ルヴァンカップ決勝でマッチアップが予想される山口と中村。ゲームの行方を左右する中盤の戦いに注目だ。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

 ルヴァンカップの決勝前夜祭が11月3日、両チームが一堂に会して開催された。
 
 第2部での両チーム選手へのインタビューでは、「相手のキーパーソンは誰か?」という質問を巡って盛り上がりを見せた。

 
 この問いに対して、まず先に答えたのはC大阪の山口蛍だったが、突然の問いに「いや、まあ、わかんないですけど……。えっ、ホンマに言うの?」と動揺した様子。しかし、個人名は挙げなかったものの、「サッカーは真ん中の選手が試合を左右する。そこが鍵になってくると思う」と話し、トップ下での先発が予想される中村憲剛がキーマンになることを暗に仄めかす回答をしている。
 
 一方、川崎側でこの問いに答えたのは中村憲剛。中村は「強いてあげれば山口蛍選手かなと思います」と、包み隠さず直球の答え。これには会場から笑いも漏れたが、「たぶん、試合中は(ボランチの山口と)ずっとマッチアップすると思うんで、彼をしっかり出し抜いて、セレッソのゴールに向えたらなと思います」と、決勝戦のゲーム展開を予測した。
 
 また山口がC大阪の初タイトルに向けて「セレッソの歴史が変わるかもしれない1試合なので、僕だけじゃなくみんな気持ちが入っていると思います」と強い決意を示す一方、中村も、「今年のチームは、僕がフロンターレにいた中でも本当にいいチームになっている。優勝をみんなで体験したいし、その準備ができたと思う」と力強く意気込みを語った。