“あえて結婚しない”という選択肢をとる女性も増えつつある昨今ですが、それでも結婚を切実に願う女性も数多くいることでしょう。「少しでも早く結婚したいのに、どうしてできないんだろう……?」そんなふうに考えるのは、少し早計かも!?


出典:NOSH

今回は“結婚が遠い時に現れるサイン”についてご紹介いたします。

 

■1:感情線上の「島」が小指と薬指の間に…不幸な結婚に気をとられすぎ

感情線に対して、斜めに線が割れてできる“島”が小指と薬指の間にあるのは、“結婚に恵まれないこと”を意味しています。経済的に困窮している相手や、家族が反対するような男性を好きになる可能性があるのかもしれません。そのため、なんとか結婚にこぎつけようと努力しても、予期せぬ別れが起こってしまうケースも……。まずは焦らずに、落ち着いて相手や自分の状況を整理することが大切です。

 

■2:結婚線の近くに格子状の紋がある…恋愛から結婚につながりにくい

結婚線の近くに、細かい線が格子状になっているのは、“今の恋がなかなか結婚につながらないこと”を暗示しています。そのため、結婚までじっくりと時間をかけて進めていく姿勢が大切です。また、結婚線の先端(薬指に近い部分)が縦線で遮られている場合は、そもそも出会いがない可能性があると言えるでしょう。しかし、結婚線の周囲がほんのり赤く色づいてきたら、結婚の時期が近づいているサイン。見逃さずにチャンスをしっかりとキャッチして。

 

■3:知能線と感情線の間に斜線が入っている…恋愛でつまづいて婚期を逃している

知能線と感情線の間に斜めの線が入っている場合は、“よく考えて付き合わないと、相手選びでつまづいてしまう”という手相です。その時のノリや勢いに任せず、よく考えて相手選びをすることを心がけましょう。また、結婚線がギザギザの場合は、“結婚前に彼氏との関係がギクシャクすること”を示します。同じく結婚線が鎖状の場合も、自分が原因でケンカ別れになる危険性が。冷静になることが大切ですよ。

 

■4:小指と薬指の下に「島」、感情線の先端に十字紋がある…道ならぬ恋に進みがち

この手相の人は、“幸せな結婚を掴めそうなのに掴めない”とされます。感情線上の小指と薬指の間に斜め下に向けて島があるのは、既婚者を好きになったり、子供に恵まれなかったり、結婚相手が見つからないなど、結婚にまつわる部分で恵まれないことを暗示しているのです。一方、感情線の先端に十字がある場合は、最愛の人と別れることになり、その人と復縁が難しいことの暗示。結婚後の姿が想像できないなら、今の恋を諦めるのもひとつの手段でしょう。

 

結婚が遅れてしまう原因には、ご縁がなかったり、結婚する時期になかったりということも挙げられるでしょう。しかし、信じがたいかもしれませんが、自分自身の選んだ恋が間違っている、もしくは相手が結婚に向いていないという場合も少なくありません。今の恋愛が結婚に通じているのか、一度冷静になって判断することも大切です。(脇田尚揮/ライター)