犬の飼育の際に気になるのがそのニオイではないでしょうか。犬のニオイの原因としてそもそもの「体臭」、身体に付着した「汚れ」、「排泄物」などがあげられます。汚れや排泄物は飼い主さんが対策をすることですが、「体臭」については犬種によってもその強弱が分かれます。今回はそんな「体臭が少ない犬種」をご紹介します。

ニオイの原因

そもそも犬が「犬クサイ」といわれる理由として、以下のような原因が考えられます。

汚れ排泄物体臭

この中でも犬の身体や顔に付着した「汚れ」は、日々のお手入れで対策をする必要があります。その犬の被毛や体調に合わせた頻度でのブラッシングやトリミング、シャンプーをすることが大事ですよね。また、汚れの中でも「口臭」や「耳の臭い」についても、常に清潔に保てるように飼い主さんによる手入れが必要になります。その他にも「肛門臭」の独特な臭いについても、定期的に絞るといった手入れを行うことになります。

「排泄物」については、小まめに飼い主さんが掃除をして、ごみの処理にも気を遣うことである程度の対策になります。もちろんトイレトレーニングができていない場合は、まずはトレーニングからになりますが、飼い主さんによってコントロールできる部分ではあります。

しかし「体臭」についてはどうでしょうか。個体差もあり、日々のお手入れも関係してきますが、犬種によってもある程度の体臭の違いがあるようです。

体臭が少ないといわれている犬種はいったいどんな特徴を持つのでしょうか。

体臭が少ない犬種の特徴

「体臭が少ない」といわれる犬種の特徴として、以下のような項目があげられます。

中頭種、長頭種

中頭種や長頭種は短頭種と比較した場合、よだれの量や顔周りのシワがないことで汚れが少ないため。

立ち耳

垂れ耳と比較した場合、蒸れたり、外耳炎などの耳の病気になりづらいため。

短毛

長毛の場合は汚れや分泌物が溜まり、蒸れてニオイを発する可能性があり、超短毛の場合は直接汚れが付きニオイを発します。短毛は手入れの面でそれらよりもやりやすいため。

シングルコート

ダブルコートと比較すると、菌の繁殖が抑えられるため。

毛色が薄い

毛色が濃いほど老廃物を多く分泌するとされているため。

以上の要素が体臭が少ないといわれる要素になりますが、これらはあくまでもその「逆の要素と比較」した場合にニオイが少ないということになります。

体臭が少ない犬種

先に紹介した体臭が少ない犬種の特徴に当てはまるのが、次に紹介する犬種です。

イタリアングレーハウンドグレートピレニーズサモエドシベリアンハスキーシュナウザーダルメシアンチワワパピヨンビションフリーゼプードルボーダーコリーマルチーズミニチュアピンシャー

こちらに記載されている犬種はあくまでも犬の中では体臭が少ないといわれる犬種です。実際には個体差もありニオイが全くしないわけではありません。

まとめ

【体臭が少ない犬種の特徴】

中頭種、長頭種立ち耳短毛シングルコート毛色が薄い

体臭が少ないといわれる犬種にもいくつか特徴があることが分かりました。また、犬のニオイの原因を理解して、正しい対策を取ることもニオイを防ぐ上では大事なことです。

今回は体臭が少ないといわれる犬種をご紹介しましたが、ニオイが全くしない動物はいません。また、犬によっても個体差や日々のお手入れ状況にも大きく関係します。ほとんどのニオイは飼い主さんのお手入れで対策をすることができますが、犬本来の体臭はどんな犬にもあります。

犬がニオイを発するのは当たり前なので、その点は理解して、今回ご紹介した犬種を参照いただければ幸いです。