画像提供:マイナビニュース

写真拡大

長良川鉄道とヤマト運輸は1日、鉄道で宅急便を輸送する客貨混載の実証実験を共同実施すると発表した。11月6〜17日にかけて関〜美並苅安間にて行う。

ヤマト運輸によれば、長良川鉄道沿線の岐阜県郡上市は県内で2番目に面積が広い一方、人口密度が低いため移動に時間を要し、ドライバーに負担がかかる現状だという。

今回の実証実験では、ヤマト運輸の岐阜ベース(関市)から郡上支店(郡上市)に運ぶ荷物の一部を長良川鉄道の列車で運び、荷物の積み下ろし動線や輸送中の固定方法などの安全対策を検討する。ドライバーの労働環境の改善や環境負荷軽減への効果についても検証する。

実際に荷物を載せる列車は、関駅13時16分発・美並苅安駅13時55分着(美濃太田発美濃白鳥行の普通列車)の1日1本のみ。荷物は車輪付きの保管ボックスに載せてカバーをかけ、車内に固定した状態で運ぶ。安全確保のため、ヤマト運輸のスタッフも同乗する。検証結果を踏まえ、2018年早期に本格運用を始める予定としている。