おみそはん(DJみそしるとMCごはん)が全国のみそを集めたバーを開店!

写真拡大

NHK Eテレの音楽&食のフィーチャリング番組「ごちそんぐDJ」(毎週土曜昼0:25-0:30)が、11月5日(日)に20分拡大版となる「ごちそんぐDJ ごはんとみそしるスペシャル」(昼4:40-5:00)を放送。

【写真を見る】バーの名前は「BARおみそはん」。カウンターにはおみそはんの育てた米が飾られている

そのタイトル通り、みそ汁とご飯をDIGる今回の特番では、ヒップホップアーティストDJみそしるとMCごはん(通称・おみそはん)が、全国のみそを取り寄せた“みそ汁バー”を開店する。おみそはんは、来店するゲストの八代亜紀、マキタスポーツの思い出のみそ汁&ご飯、そしておみそはん特製のオリジナルみそ汁&ご飯を振る舞い、“みそ汁談義”に花を咲かせる。

さらに、おみそはんはみそ汁との最高のコンビであるご飯を極めるため、米作りにも挑戦する。いかにもおいしそうなこの特番について、おみそはんがインタビューでその“味力”を語ってくれた。

■ DJみそしるとMCごはんが原点を知るためバーを開店

――前回の特番「ごちそんぐDJ スペシャル〜うちのあじがいいね〜」の評判も良かったそうですが、今回の特番が決まった時はどのように思いましたか?

すごくうれしかったです! 前回のスペシャルが決まった時ももちろんうれしかったんですけど、その時は5分だった番組を20分にするチャレンジ企画だったんです。その特番が、いろんな人に楽しんでもらえて、第2弾のスペシャルができることになって、より一層頑張ろうと思いました。

――今回のテーマは「ごはんとみそしるスペシャル」ということで、おみそはんにとっては原点ですよね!

そうですねぇ! そもそもこの名前も、日本人だから、日本で私たちが普段食べているものをラップにしたくて、やっぱり和食の基本はみそ汁とご飯だなと思って付けたんです。番組でも今までいろんなデザートやおかずのレシピの歌を歌ってきたんですけど、今一度“みそ汁とご飯”に立ち返ってその歴史を知ったり、お米を自分で育てたりして、たくさん勉強になりました。また見つめ直すきっかけにもなりましたね。

――いつものポップな「ごちそんぐDJ」とは違って、今回は少し大人な雰囲気ですね。

そうなんです。みそ汁が飲めるバーの設定なので、大人ですよね。せっかく2回目の特番をやらせてもらうことになったので、いつもとちょっと気分を変えてみました。バーって、子どもたちが普段行かないような場所なので、「なんだこの場所!」と思ってもらえればいいなと思って、子どもも大人も楽しんでもらえる“みそ汁バー”を目指しました。

■ みそ汁飲んでしみじみと歌ってくれればますます最高だ!

――ゲストに八代亜紀さんが出ると聞いた時は驚きましたか?

実は、八代亜紀さんを呼びたいと言い出したのは私なんです。テーマが「ごはんとみそしる」ということが決まって、どういう番組にしていくかということをスタッフさんとずっと会議してきたんです。その話し合いの当初から八代さんがみそ汁を飲んで「舟唄」のサビの「しみじみ飲めば〜しみじみと〜」って歌ってくれたら最高だよねなんて言っていたんです(笑)。

その後、設定もバーに決まって、その場所で八代さんがしみじみとみそ汁を飲んでいたらやっぱりすてきだなと思ってオファーをしたら、受けてくださいました。きっと好奇心旺盛な方なんだろうなと思っているので、八代さんのためにびっくりするようなみそ汁を考えてきたんです。食べた時の八代さんの反応も楽しみにしていてください。

――マキタスポーツさんとの絡みはいかがでしたか?

マキタさんは、収録で初めてお会いしたんです。結婚をしてみそ汁での衝突があった話など、みそ汁への熱い思いを語ってくれました。

■ ふたを開ければまるで“スタバ”!?

――びっくりみそ汁はどうやって思い付いたんですか?

今までにも番組の中でちょっと他ではないような面白い料理を考えてきたので、今回もみそ汁とご飯で「新しい料理やってやろう!」という思いが湧いてきて…! 誰もまだ見た事がないようなものを作りました。

最近いろんなところにあるコーヒースタンドを見て、コーヒーもおいしいけど、私は普段からおいしいおみそ汁が飲める「みそスタンド」があったらいいなと思ったので、コーヒースタンドで出てきてもおかしくないみそ汁を考えてみたり。この番組を見て、どこかのコーヒースタンドの会社の方が、コーヒーからみその方に店を転向してほしいなと思います(笑)。普段からおだしの効いたみそ汁を飲めたらほっとするし、「コーヒーブレーク」より「みそブレーク」の方が日本人らしいんじゃないかと思うんですよね。

わ! みそ汁の試食がきた! これは八代さんにお出ししたびっくりみそ汁で、トマトと枝豆とチーズが入っている巾着をみそ汁に入れたメニューです。見た目では、中に何が入っているか分からなくて、食べた時にびっくりしてもらえるようなものにしたんです。

――食リポをお願いします!

チーズのコクがみそにしみ出ておいし〜! これにはブラックペッパーを入れても最高なやつですね。洋風でもおいしそう。トマトとチーズがみそ汁に合う〜! みそ汁って何にでも合うし、ご飯にも合うから全部が和風になってすごいなぁ。

…おいしいんですけど、これを八代亜紀さんっていう大スターに出すって、結構なチャレンジだなって今気付きました。

――確かにそうですね。八代さんのリアクションが楽しみです! 新しいみそ汁の開発と、ゲストのふるさとの味を知ることで、何か感じたことはありましたか?

そうですね〜。マキタさんもおっしゃっていたことなんですけど、みそ汁って、いろんな具材を入れてもおいしいし、すごく懐の広い料理だなと思いました。みそ汁を飲むとほっとして、ご飯を食べるともりもり元気も湧いてきて、安心するみそ汁と元気が出るご飯は最高のコンビだな! と思います。

おかずがなくても、おみそ汁とご飯があるとなんか元気が出るじゃないですか? 一人暮らしでなかなか普段からおみそ汁とご飯を食べる機会がない方も多いと思うので、この番組を見て、インスタントでもいいから「おみそ汁とご飯を並べて食べてみよっかな」って思ってもらえたらうれしいです。

■ 超自家製ラッパーおみそはん、食へのこだわりは無限大

――おみそはんのみそ汁のこだわりは何ですか?

新潟の米みそが好きで、それを使ったみそ汁をよく作って食べています。あと、いろんな野菜を入れる具だくさんのおみそ汁が好きなので、なんかもうお椀から具材がはみ出るくらいのおかずみたいなみそ汁とご飯がうちの定番です。

――お米へのこだわりもありますか?

研ぎ方にこだわっています。以前、ザルを使って研いじゃうとお米の芯が割れてしまって、炊いた時においしくないということを教わったんです。それからはザルを使わずに、お釜の中にお米とお水を入れて、お米をなでるように優しく優しく洗うようにしています。お水もこまめに変えると、ヌカ臭さがお米に戻らないので、そうやって優しくすると、1粒1粒ピカピカな状態で炊けてとってもおいしいんです。同じ炊飯器でも洗い方を変えると、見違えるくらいおいしくなるんですよ。

――最近作っておいしかった料理はなんですか?

粕汁のシチューがおいしかったです。お出汁に酒粕とみそを入れて、サケも入れて最後に豆乳で仕上げるんです。体もポカポカしてその料理は最高でした。

――今回の特番のための新曲はどんなものですか?

収録であった出来事と、田植えをしてお米を育てたことや、みそ汁とご飯の歴史を学んだことを歌にしています。あらゆる角度からみそ汁とご飯について掘り下げたので、番組を見るとおなかいっぱいになると思うんです。そこで最後に流れる歌はみんなで楽しく、明るい曲にしました。ゲストのお2人はすごく歌が上手なので、最後が私で恐縮しています。

――ゲストの方とのお話で曲のインスピレーションが湧いた言葉はありましたか?

マキタさんが、歴史上の人物たちの好物だったみそ汁とご飯を食べた時に、「みそ汁とご飯はタイムマシーンだね!」って言った時に、「それいただき!」って思いましたね。いいこと言うなぁと思って。

――では、今回の見どころを教えてください!

全部と言いたいところなんですが…いろんなみそ汁とご飯が登場するところです。歴史上のみそ汁もあれば、私が考えた新しいみそ汁もあって、さらにゲストの方々の好きなものもあったり、たくさん出てくるので、自分好みの食べてみたいメニューを探してほしいです。そしてお気に入りを教えてください!

――八代さんとマキタさんのリアクションも楽しみですね。

そう〜! 私が考えたへんてこなみそ汁とご飯を食べたお2人のありのままのリアクションをぜひ、楽しんでもらえたらいいなと思います。うそが1つもないんですよ。