4年連続決勝の舞台に立つ川崎FのMF阿部浩之「何が何でも獲りたい」《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽川崎フロンターレは3日、2017 JリーグYBCルヴァンカップ決勝のセレッソ大阪戦に向け、会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。

▽練習終了後、川崎FのMF阿部浩之がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。タイトルへの強い思いを明かした。

◆MF阿部浩之(川崎フロンターレ)

──練習はどうだった

「良い芝だったし、雰囲気も良かったし、いい舞台が整ったなと」

──調子はどうか

「どんどん上がっています」

──チームの雰囲気は

「チーム状態も良いと思いますし、みんなのコンディションも良さそうなので、自信を持って明日やるだけかなと思います。みんな何度か経験していると思うし、明日にパワーを貯めているという感じです。明日はみんな絶対に良いパフォーマスをすると思います」

──2014年にガンバ大阪で優勝を経験しているが、選手に何か伝えたか

「特に。今から何か伝えられることがあれば伝えますが、チームも違います。高ぶっている選手もいないですし、いつも通りやっていると思います。問題ないと思います」

──移籍1年目でのタイトル獲得が迫っているが

「タイトル獲りたくて来ていますし、目の前にチャンスがあるので。死に物狂いというか、何が何でも獲りたいと思います」