「黒はんぺんは進化します!」磯村勇斗が熱弁する静岡のソウルフード!

写真拡大

練り物、というと何を思い浮かべるだろう? 居酒屋で出てくるさつま揚げを醤油で食べるとか、おでんの具としていろんな具材が練り込まれたものを食べるとか……。だが日本全国にはご当地それぞれで多彩な練り物が食文化として育まれ、いろいろな食べ方で親しまれてきた。

11月2日放送の『秘密のケンミンSHOW』は“ケンミン熱愛!練り物祭り”と題して3つの県の独特の練り物を紹介。日本の練り物文化の奥深さをあらためて思い知らされた。

静岡では黒はんぺんが昔から食されてきた。そう、はんぺんと言えば白くふわふわしたものを誰しも想像するが、静岡では黒が定番。スーパーへ行くと通常の白いはんぺんの何倍もの面積を占領して売られているという。

とくに焼津市には黒はんぺんのメーカーが数十軒もあり、庶民の食卓に当たり前のように登場するそうだ。

白いはんぺんはスケソウダラなどの白身魚を加工するのに対し、黒はんぺんはサバなどの青魚を使う。身と一緒に皮や骨も一緒に加工することで、独特の黒さを持つことになる。練り物は通常、すり身を揚げて完成するが、黒はんぺんは茹でて固めたものであるのも特徴だ。

ごま油で焼いて醤油で食べると、その香ばしさが相まって酒のつまみによし、ごはんもどんどん進むとご当地の県民がドヤ顔で語る。そしてまたフライにしてソースで食べるのも一般的になっていると言う。

それだけでなく、フライにしたのをパンに挟んでサンドイッチにして食べたり、フライをカレーに載せて黒はんぺんのカツカレーとして食べたり、シラスと一緒にごはんに載せた黒はんぺん丼を出す店もある。変幻自在、バリエーション豊富な食べ物で、新しい食べ方がいくらでも開発できそうなのも面白い。

スタジオでは番組初登場の、朝ドラ『ひよっこ』で一躍スターになった静岡出身・磯村勇斗が黒はんぺんのおいしさを熱弁。「子どもの頃から食べてきたソウルフードです! アレンジがいっぱい、黒はんぺんは進化します!」と熱く語るとすかさず久本雅美が「役者としての磯村くんみたいやね! おばちゃんいまうまいこと言ったでしょう!」と媚びて言う。

2時間ドラマで全国各地をロケしてきた高橋英樹は「黒はんぺんなんて初めて聞きました。犯人が静岡に逃げないからですかねえ」と変な感心のし方でつぶやいた。

スタジオでみんなで食べると、それぞれ「おいしい!」と感激。U字工事・益子卓郎が「魚のハンバーグですね!」と彼なりに褒めるのだが、久本雅美に「表現が田舎っぽい」とつっこまれてしまった。

番組では愛媛のじゃこ天、島根の赤天も紹介され、練り物祭りとして盛り上がった。単純におでんもいいが、多彩な練り物を進化した食べ方で味わってみたいものだ。

【文:境 治】

提供:読みテレ